2018年09月17日

お月見近し…




そろそろお月見の季節ですねface01
今年の「中秋の名月(秋の十五夜)」は、9/24(月)。
そして9/22(土)の夜は、アート・キューブ自主事業「月夜の祭典」

   ↓↓↓



台風22号は西に進行し大陸に大きな被害をもたらしていますが、今回日本にはあまり影響がなさそうなため、「月夜の祭典」は開催予定です。
晴れてくれると嬉しいのですがik_70
もし当日雨だったり、前日大雨で芝生広場の足元がわるそうな場合は、Aホールの中で行います。


なお、アートキューブ駐車場の収容台数はわずかです。
お車で「月夜の祭典」にお越しの方には、
当館より300m南の有料駐車場のご利用を
お願い申し上げますik_34ik_95ik_95ik_95
夜のイベントですので、17:00で閉まる 片男波海水浴場Pではなく、
22:00まで開いている片男波公園 (万葉館) Pのほうに駐車してくださいませicon23




さて、お月見を控え、また季節の飾り物を置いているアート・キューブ。
ちとバックにゴチャゴチャと物が写っていますが…
これは、事務所受付カウンターに飾ってある月見団子でございますik_24
わたくし亀本が制作致しました。

   ↓↓





団子の素材は、通販で届いた荷物の中に入っていた、フワフワの緩衝材(蚕の繭みたいな形の)。
指でキュッキュとひねり、関西風の紡錘型というか、サトイモみたいな形にしました。
三宝(団子を置いている台座)は、要らない厚紙を折り、絵の具でヌリヌリしました。
横にある植物は本物のススキではなく、道端で摘んだ他のイネ科の雑草(種名知らず)です。
乳酸菌飲料の容器にティッシュを貼り付け、花瓶としております。



これも、ちぎって丸めた緩衝材と折り紙で作ったのですが…
  ↓↓


亀本の指と見比べるとわかりますが、実はすごく小さいのです。
このミニチュアは二種類作ってみました。


  ↑↑
これは、東日本でよく見られるタイプの月見団子。
丸くて白い団子を、三宝の上にピラミッド状に積み重ねたものです。


  ↑↑
一方、こちらは多くの和歌山人になじみ深いと思われるサトイモ型。
(先に載せている、大きいほうの団子と同じタイプ)


以前、『ひみつのケンミンshow』なんかでも取り上げられていましたが、月見団子の形状は、地方により様々のようです。

「いろいろな月見団子」
   ↓↓


これは、亀本が色鉛筆で描いたものでございます。
絵など久々に描きましたが、色塗りしてると子供に戻ったみたいでちょっと楽しいものですねik_83


エントランスロビーのガラス面にも、もうじき秋らしいお月見デザインの飾り付けがされる予定です。
我がアート・キューブが誇る女性職員2人組ユニット「折り紙シスターズ」(亀本が勝手に命名)が、何やら制作準備をしておりましたので…
「月夜の祭典」までには、きっと完成していることでしょうface05






Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 11:23Comments(0)自主事業スタッフのつぶやき

2018年09月06日

台風21号の爪痕…




台風21号は、平成の最後にして最大の被害を、関西を中心とした日本各地にもたらしてしまいました。
今回は、想像以上のものでしたね…
和歌山では凄まじい強風が吹き荒れ、瞬間最大風速は50mを超えました。
町中の看板や交通標識はなぎ倒され、カーブミラーも信号機もおかしな方向を向いているし、そもそも停電している箇所では、信号や電車の踏切が機能していない。
一般の住宅も、瓦屋根や壁、塀が壊れたり、カーポートが飛ばされたりしています。
わたくし亀本の家の屋根も、少々壊れて落下しております。
丸2日経った今朝も、和歌山県内の停電している家は「2万3000戸」と報道されていましたが、冷蔵庫もエアコンも使えない状況は非常に厳しいものです。
(しかしその後、9/7の午前中にみたニュースでは、「4万8000戸」とも…)

アート・キューブは台風が襲来した9/4は休館日であったため、当日の運営上の心配はせずに済んだのですが…
やはり停電はしてしまいましたicon15
休み明けの水曜日は、植栽が折れて散乱しているのを片付ける作業等に明け暮れたようです。
(亀本は公休であったため、その大変な状況は知らないのですがicon10
でも、朝までに電気が復旧してくれて助かりました。
まだまだ停電したままのお宅もたくさんあるというのに…

アート・キューブ近くの観海閣に伸びる三段橋は、こんな姿になってしまいました…
現在通行止めなので、和歌浦に観光でいらっしゃる方はご注意くださいませ。
      ↓



関西国際空港は想定外の大変な事態となったし、その他にも各地で大きな火災等が起こりました。
その上、今朝は北海道で大きな地震が…
本当に、なんということでしょう。
亀本は、北海道の知人の安否が心配だけど、停電しているであろう状況を思うと、今連絡を取ることも憚られますicon10








Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 16:51Comments(0)スタッフのつぶやき和歌浦

2018年09月01日

9月到来…



「猛烈な台風21号」の接近と共に迎えた9月face07
昨夜は凄まじい雷で眠れなかった方も多いのではicon05icon05icon05
わたくし亀本は、目を閉じているのにイナビカリが眩しくて目覚め(まぶたの肉が薄いのだろうか?)…
その後間を置かずドーンッと落雷したその震動が、もう恐ろしゅうて恐ろしゅうて…ik_84
台風20号の時も家の揺れが怖くて眠れませんでしたが、今回の21号は一体どうなるのでしょうface08


本日から9/9(日)まで、アート・キューブD1展示室では ik_48「四つ葉写真展」ik_48 が開催されているのですが、せっかくの展示会なのに悪天候が心配ですicon10
ご来館予定の方は、どうかお気をつけてお越しくださいませik_34


あっ、今日から9月ですから、片男波の駐車場は通常料金に戻っていますik_20icon22


8月に開催された「 舞台ワークショップ2018 」のご報告をば、来週中頃あたりに掲載させて頂こうかと思っておりますik_08
その頃には台風一過、爽やかな秋晴れ…となっているでしょうかicon01
どうぞ、大したことなく過ぎ去ってくれますようにface07





Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 16:33Comments(0)スタッフのつぶやき

2018年07月30日

2018年 セミ考





明日は火曜日で、アート・キューブの休館日。
休み明けの水曜日には、いよいよ8月突入ですねik_33

「DICE in わかやま」 と 「舞台ワークショップ」 がもうすぐ始まりますik_20
参加者の方は、飲み物やタオルを忘れずにお持ちくださいませicon10


長引いた超絶猛暑は一旦和らぎましたが、まだこれからが夏本番ik_01
今後1か月くらいは、「また、あんな熱波が襲来することもあるだろう」と覚悟をしておかねば…
既に今年は、7月の暑さで疲れ果てている方も多いかと思いますik_84
それでも無情に、まだまだ夏は続くのです。
体調管理を万全にして、なんとか酷暑を乗り切りましょうik_78





さて、本日は、ちとセミの話題をば…
わたくし亀本がアート・キューブにて勤務中、外で耳にするセミの声といえば、ほぼ全てがクマゼミです。
「シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン!!!!!」
という大合唱があまりにうるさくて、暑さがより倍増した気になってしまうあの声…face09
クマゼミは、西日本の市街地で見られるセミの代表格ですね。
アート・キューブ駐車場の植栽にくっついたセミの抜け殻をいくつか採取し確認したところ、どれもこれもクマゼミばかりでした。


一方、私の自宅の近所には鎮守の森がありまして、同じ和歌山市内でも、その辺りではもう少し多様なセミの声を聞くことができます。
まず明け方…「ジーーーーーーーッ」という低いアブラゼミの声。
(これは、アート・キューブ周辺にもいるけど)
それに混じり、どこか遠くから「カナカナカナカナカナカナカナ…」という清澄な響きがik_76
ヒグラシです。
この夏、ヒグラシの初鳴きを確認したのは、今朝の4:50頃でした。
やがて、「ミーーンミンミンミンミンミーーーン…」と、ミンミンゼミの高らかな独唱もicon12
ミンミンゼミの初鳴きは、7/27に確認。
今年は、ミンミンゼミの声をなかなか聞くことができず、ずっと「まだかなまだかな?」と首をひねっていたのです。
毎年観測記録をつけているわけじゃないから、本当のところ、日付的に例年より遅かったのかどうかはわかりません。
今年は7月の早い時期から「災害級の猛暑」に襲われたため、私が夏を長く感じていただけなのか?
それとも、猛暑がミンミンゼミの発生を実際に阻んでいるのか?
どちらなのでしょうね。
ミンミンゼミもヒグラシも、比較的森林性の強い種のセミかと思うので、この夏の異常な暑さには参っているに違いないです。


7~8年ほど前のこと、私は某掲示板に「ミンの数がものすごく多いミンミンゼミ」とかいうタイトルの投稿をし、その時かなりウケたので、ここでも少々そのネタをば。
その投稿をした当時、我が家の近くの鎮守の森からは、驚くほど「ミン」の数が多いミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきたのです。
ミンの数が多いミンミンゼミ…なんじゃそりゃik_19と思われることでしょう。
解説しますと…
ステレオタイプなミンミンゼミ鳴きとは、たぶん「ミーンミンミンミンミンミーーン」ではないでしょうか。
「ミン」は、計6回。
しかし、私の聞いたものは、とんでもないミンの数だったのです。
「ミーンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミーーーーン」…みたいな。
いつ終わるとも知れない、果てなきミンの連続face08
懸命に指を折って勘定した結果、私の聞いた最多ミン記録は、なんと32回ik_20
ものすごく体力のあるセミだったのでしょうか。
きっとメスにモテまくり、多くの子孫を残したことでしょう。
その翌年くらいも、多ミンのセミの声を聞いたように思います。
その後私も忙しくなり、悠長に家でセミのミンを数えてはいられなくなり…
が、それにしてもここ数年は、多ミンなセミに全く出会えておりません。
いくらセミの声にあまり注意を払っていないとはいえ、たまには多ミンゼミが声を聞かせてくれてもよさそうなものです。
まあ、こんな暑すぎる夏の今年では、多ミンは望めるはずもないでしょうがicon07


和歌浦も、東照宮や天満宮の付近なら、きっとミンミンゼミがいるはず。
もしミンの多いミンミンゼミに出会った方がいらしたら、ぜひミン数を勘定してみてくださいませicon21







Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 21:54Comments(0)スタッフのつぶやき生物たち

2018年07月07日

雨の七夕…★彡




ついにやってきた7月7日ik_18
出勤した私・亀本がエントランスで目にしたのは、七夕の笹飾りの足元にハラリと落下していた1枚の短冊。
     ↓

拾いあげてみて、ううっ、これは…
我がアート・キューブの折り紙シスターズ妹の書いたものではないか!
う~ん、確かに願いは叶いませんでしたねicon07

そして、私のような私利私欲にまみれた願い事ではなく、このようなことを書いてくれる優しい子もいたというのに…
     ↓

しかし思い届かず、朝から土砂降りの七夕さんとなってしまいましたicon03icon05

今週の日本列島はとんでもない悪天候に見舞われ、特に一昨夜からの豪雨は、日本各地に非常に大きな被害をもたらしてしまいました。
昨夜は九州、中国、近畿の日本海側や内陸部に特別警報が発令され、さらに梅雨前線は東に移動しているため、現在は岐阜県にも特別警報が出ています。
死者、行方不明者がどんどん増えています。
これ以上、被害が拡大しないことを願うばかりです。
激しい雨風が過ぎ去ったとしても、地盤のゆるんだところが後から崩落することもありますから、どうかみなさまお気をつけて…
海外では、タイの洞窟遭難者の方々も、とても心配な状況です。
天の川が見えなくても願いが叶うよう祈り、短冊を書き足した亀本でした。




今日のキューブのAホールでは、 Daikinman (ダイキンマン) 七夕ライブ が開催されました。
長崎は五島列島出身のダイキンマンさん、昨夜は特別警報の出た福岡にいらしたのですが…
どうにか飛行機が飛んで、和歌山に来て頂けましたface05
「もしや中止になるのか!?」と危ぶまれたのですが、開催できて本当に良かったです。
そしてダイキンマンさんの「奇跡のハイトーンボイス」が夜空に響くライブ終盤…
キューブの外に出て、ふと亀本が見上げた空は、雨が上がり、雲も途切れはじめていました。
さすがに星は見えないものの、明日は晴れるようですねicon01





Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 21:38Comments(0)スタッフのつぶやき

2018年06月24日

7月の催し一覧




7月を迎えるまで、あと一週間。
アート・キューブエントランスには、笹飾りと天の川がik_18


彦星と織姫は、アート・キューブご近所にお住まいの方が作ってくださったもの。
驚いたことに顔はリバーシブルとなっており、エントランス内から見ても外から見ても、ちゃんと顔があるのですik_20
ちなみに…北島橋の向こう、栄谷の辺りにある某回転寿司店前にも、頭部がリバーシブルな巨大マスコット人形がそびえ立っていたと思いますが、あちらは手もリバーシブルで、なんと親指が両側に1本ずつ(つまり指が合計6本!)もあります。
キューブのリバーシブルカップルは、本年7月7日には出逢うことができるのでしょうかik_88
もっと、みなさまが願い事の短冊を増やしてくだされば、七夕当日は美しいミルキーウェイが見られるかもしれませんicon12






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





さて、既に各イベントごとの告知ブログは投稿済みですが…
あらためて、7月のアート・キューブのイベント一覧表も掲載しておきますface02





以前投稿済みのイベント告知ブログは以下4つ。

      ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓







7/7 ダイキンマンライブ
2018/06/11
Daikinman (ダイキンマン)  七夕ライブ
7月のアート・キューブイベントの告知です7/7に、下記のライブが開催されます Daikinman (ダイキンマン) 七夕ライブ 開催日時   ・・・  7月7日(土)              開場 18:00  開演 18:30開催場所   ・・・  キューブ A (多目的…





7/14 シャンソンコンサート
2018/06/11
わかやまパリ祭 エディット・ピアフへのオマージュ
アート・キューブAホールにて、シャンソンコンサートが開催されます第39回市民文化まつり参加イベントです。 わかやまパリ祭 エディット・ピアフへのオマージュ 開催日時   ・・・   7月14日(土)              開演 14:00開催場所   ・・・  キュ…





7/15 バイオリン発表会
2018/06/11
バイオリン発表会
アート・キューブAホールにて、バイオリンの発表会が開催されます♪ バイオリン発表会 ♪開催日時   ・・・   7月15日(日)              開演 13:00開催場所   ・・・  キューブ A (多目的ホール)入場は無料お問い合わせ   ・・・  090-96…





7/16~22 チョークアート展 & ワークショップ
ate">2018/06/15
yabugami yoko チョークアート展 & ワークショップ
アート・キューブによる、文化振興事業開催のお知らせです。チョークアート作品の展示会と、同時にチョークアート教室も行います教室は事前申し込みが必要です(7/1から受付開始、先着順で締切)みなさまのお申込みをお待ちしております yabugami yoko チョークアート展 &; ワークショップ …









なお、アートキューブ駐車場の収容台数はわずかです。
お車でお越しの方には、当館より300m南の有料駐車場(片男波公園Pや片男波海水浴場P)の
ご利用をお願い申し上げますik_34ik_95ik_95





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




あ、そうそう、梅雨時のジメジメにより、キューブのAホール北側(玉津島神社側)のバラスや芝生広場に謎めいたキノコが生えていたので、画像を載せておきましょう。

アート・キューブ菌類子実体画像コレクション

また芝生の刈り込みの際に処理しておきますが、得体の知れぬキノコを決して食用にはされぬよう、お願い申し上げておきますik_93
(普通、食べないとは思うけど…)
毒性のあるキノコは、実は我々のごく身近にも存在しており、キノコの種の正確な判別は専門家でも容易ではないそうですik_00









Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 14:45Comments(0)自主事業ワークショップスタッフのつぶやき生物たち

2018年06月17日

七夕飾り、はじめました☆

今日のアート・キューブはAホールでベリーダンスショーを開催していますが、梅雨の中休みの晴天で良かったですicon01
6月も半ば過ぎとなりましたね。
7月まであとわずか。
キューブ利用者の方のご協力を得て、キューブ職員は先日、七夕用のササを頂いて参りましたface05
立派な七夕飾りも貸してくださったし…毎年、本当にありがとうございますicon12

ササはエントランスに設置しています。
短冊をご用意しておりますから、アート・キューブにお立ち寄りの際は、ぜひ願い事を吊るしてくださいませik_18
七夕飾りつけ作業
これは、お借りした飾りを取り付けているところ。
脚立上にいる職員①、「本当は高所恐怖症だ」と申しておりました。


夜のほうが、飾り付けがきれいに映えます。


この、天井から直接吊るしているクスダマのような大きな飾りは、東北のほうの七夕飾りだとお聞きしました。


ササに飾ってあるのは、手先の器用なキューブ女性職員2人の作品。
来館されたお客様が「すごい!上手に作ってる!」と褒めてくださいます。
ブログ筆者の亀本も一応3人目の女性職員なのですが、折り紙シスターズ2人のような、人前に出せる作品はなかなか作れず…icon10





飾り付けは、もう少し増える予定です。
地元の方が、かわいらしい「牽牛と織女」のカップルを作って持ってきてくれましたik_86
エントランスを天の川のように飾り付けられたらいいなぁ、とキューブ職員で話していますが、うまくできるだろうか…???


来館者の方々が吊るしてくれた短冊、少しずつ増えていっています。

これは亀本感涙の作品。
お名前の部分を指で隠し、アップさせてください。
「大人になったらコツメカワウソが買えますように」
大人になるまで辛抱する覚悟を決めているとは…本気度の高さがうかがえます。


これは、海外からのお客様のもの。
ふらんす語…?
なんと書かれているのでしょうか。
読めないのをよいことに、勝手にアップしてすみません。



「アート・キューブに来られる方々が幸せでありますように」
「平和な世界になりますように」
この2つは、折り紙シスターズの長女の作品。
さすがは先輩…ご本人もたいへん見目良きお方ですが、願い事までうるわしい。



「日本代表ベスト8」
「阪神優勝!!」
これは、折り紙シスターズ妹の作品。
見かけによらず、願い事はおいやんっぽい。


「カメと幸せになれますように」
これは、亀本が書いたもの。
自宅で飼育する愛亀の幸福を願っていると見せかけて、「カメが幸せに~」ではなく「カメと幸せに~」なのがポイント。
助詞を1文字変えることにより、カメだけでなく自己の幸福まで願うのに成功したという、非常にお買い得な作品例です。


短冊はたくさんご用意しております。
もし品切れとなれば、また新たにご用意致しましょう。
七夕までにまだまだ多くの皆さまの願い事が集まり、ササが短冊でいっぱいになりますようにik_18






Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 15:09Comments(0)スタッフのつぶやき

2018年06月07日

8の字公園のトイレ



近畿地方もついに梅雨入りしましたねicon03
その直前の6/3(日)は、片男波にある「8の字公園」の大清掃の日でした。
地元の方々が早朝から集まって作業をなさり、キューブの職員2名もそれに加わりました。

当日は素晴らしい晴天で、でもおかげで早くも9時台には強烈な陽射しが照りつけてきて…icon01ik_01
屋外作業には厳しい季節ですねface07
公園での職員2名の勇姿を撮影しに行きたかったのですが、ブログ筆者・亀本は事務所でお留守番で断念。
2名は昼前、瀕死の状態で事務所に帰還致しましたik_00


しかしさらに、午後からはキューブ芝生広場の刈り込みと、植栽の剪定作業が彼らを苦しめることに。
遅番出勤のもう1名を加え、3名がかりで炎天下地獄に身を投じていました。

芝生を刈る職員1
近寄りがたいオーラを放ちながら、独りひたすら芝生を機械で刈り続ける職員その①。
この作業はなかなか危険で、芝生に混じっている小石が芝刈り機に巻き上げられ、ものすごい勢いで飛び散るのです。
芝生って、刈っても刈ってもすぐ伸びてくるものなのですね。

高枝切り鋏を振るう職員2
高枝切り鋏を振るう職員その②。
カメラに対しちょっとポーズをキメているが、上を向いたままの作業がムッチリとした猪首への負担となり、実はかなり苦しい様子。

剪定した植栽を片付ける職員3
職員その②が剪定した枝を片付ける、職員その③。
職員②は体格の偉大さゆえしゃがむ姿勢が困難と思われるが、その点職員③はコンパクトなので小回りがきく様子。

画像のように日陰での作業もありますが、そこでは蚊の襲来に苦しめられます。
3名は夕方、どうにか殉職することもなく生還致しました。

刈った芝を集める、職員2と職員3
職員①が刈って放置していた芝を、翌日午後から収集する職員②と職員③。
牧歌的な風景に見えますik_48



6/3の朝から清掃作業に参加させてもらった「8の字公園」ですが、実は「ik_45ik_46トイレがきれいな公園icon12」として名高いところなのです。
何度もメディアに取り上げられたとのこと。
「公衆便所=汚い、臭い」
というのは、まぁ言わば、日本人の共通認識のようなものですが…
でも、ここは違いますik_20
地元の有志の方々(8の字会)により、長年ていねいな清掃活動が続けられているのです。
毎日毎日、欠かすことなく継続されているというのは、本当に驚くべきことです。
そのお蔭で、「いつもピカピカで無臭」という、実に奇跡のような公衆トイレが実現されました。
キューブから徒歩5分のその公園を、私・亀本は見学してきました。



「8の字公園」は地図で見ると、片男波海水浴場の裏にながーく続く遊歩道のように見えます。
全長300m以上あるのでは…
近くには、片男波こども園や保育所がありました。
安心安全倉庫
私は公園の東側のほう(万葉館の近く)から入ったのですが、まず公民館が見えて、その隣に備蓄倉庫が。
先日NHK和歌山放送局の番組で放送された、津波から地域住民を守るための自治会活動の特集時に、この倉庫が映っていたと思います。
広い芝生
広々とした広場。
芝生は刈りこまれたばかりできれいです。
ブランコ等の遊具もあります。
噂のトイレ
おお、あれは噂のトイレでは…?

美しい便器
これは女子トイレの個室内。
なるほど、公衆トイレとしては考えられないほどの美しさです。
無臭。全くにおいません。
男子トイレは…全く同じようにピカピカでしたが、写真を載せると男子トイレに潜入したことがバレて痴女扱いされるので自粛をば…
8の字会の会長は、「尿石が溜まると特有の臭気が発生するので、こまめに手で削り落としている」とおっしゃっていました。
ボランティアでそんなことまで…頭が下がります。
多目的トイレ
これは中央にある多目的トイレ。
当然美しく、そして洗浄機能つきの便器。
(この機能がついたのは、県内の公衆トイレの中でここが初めてらしい)
オストメイト
そして、オストメイト(人工肛門や人工膀胱を洗浄するための設備)もある。
花が活けられている
手洗いもピカピカ。
三か所のトイレ内全てに、瑞々しい花が活けられています。
頻繁に清掃がなされている証ですね。
「みなさまのご協力をお願いいたします」
この言葉通りの美しさが実際に保たれている…
そんな公衆トイレには、なかなかお目にかかれませんよねface05
片男波海水浴場からは階段で行き来できるので、このトイレは夏ともなれば海水浴客にも利用されるのでしょう。
こんなにきれいなトイレなら…心ある利用者であれば、決して汚い使い方はできないと思いますik_20
8の字を描く通路
公園の名称の由来は、この8の字を描く通路。
放課後や休日には子供たちで賑わうようですが、この時は平日の午後で誰もいませんでした。
頭上注意
ここを通る時は、マツで頭を打たないよう、気を付けなければ…
柿の種?
これは公園の木ですが、柿の種のような花ですね。
すぐさま、ピーナッツとビールを連想する亀本…
「美は美を守り美をつくる」
「美は美を守り美をつくる」
…なるほど、まさにその通り。
美しいからこそ、その美しさを保とうと思え、さらなる新たな美しさを生み出すことにも繋がっていく…
美の連鎖、美の好循環がここに存在しているのでしょう。
清掃や整理整頓の効用とは、心地よい暮らしが手に入ることだけではありません。
日々の生活を見直すことにより、いざという時のための防災意識も向上するのではないかと思えます。
地域の清掃活動であれば、団結の高まりにより、地域防災活動も自ずと活性化されますしね。
アート・キューブも、8の字公園の美の精神を見習わなければ…
そして、私も散らかった自宅を何とかきれいにし、美の好循環をもたらしたいものですicon10


海抜2.3m
8の字公園のあたりは、海抜2.3mなのですね。
津波は突然やってくる!!
公園からキューブに戻る途中のお洒落なお庭のお宅には、道路に向かって掲示板が設置されていて、これはそこに貼られていたポスター。
海抜2.1m
これは、キューブの海抜。
高めよう、防災意識が、身を守る
近い将来、必ずやってくるとされる南海トラフ大地震。
この地域には40分ほどで津波が到達するそうで、素早い避難行動が求められます。
その時、この美しい和歌の浦の風景は、どのように変容してしまうのでしょう。

夕暮れの和歌の浦
これは帰宅途中、シーサイドロードから撮った和歌の浦の風景。
もう少し待てば海は茜色に染まり、この上なき美景が撮影できたはずですが…亀本には夕餉の支度があったため、早々と帰宅致しました。






Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 17:39Comments(0)スタッフのつぶやき和歌浦

2018年04月28日

間もなく5月!


先日かぶとを飾ってくださった方が、またかわいい鯉を連れてきてくれました。
手作りです。
ふんわりとしてかわいいですね~face05
鯉ぐるみ
…その後、ミニかぶとをかぶせてみました。
キューブ新人職員の亀本(仮名)が、旅先の夕餉のお膳に添えられていた折り紙飾りを持ち帰ってきたものです。
かぶと付きの鯉ぐるみ


5月を迎える準備は、このように整いましたik_96
五月飾りオールスターズ



キューブの芝生広場にて、懸命に刈り込み作業に励むキューブ職員たち。
陽射しが強い中、お疲れ様です。
刈り込み作業中

もうすぐ 和歌祭 ですから、きれいにしておかねばicon21

      ↓↓↓↓↓

2018/04/15
「和歌祭」開催にともなう交通規制のお知らせ
本年も、 和歌祭 のシーズンが近づいてきました。(と言っても、あと1カ月近く先ですが…)平成30年5月13日(日) 午後12時頃~16時頃 、渡御コース周辺では 交通規制 があります。当日、周辺道路をご利用の方はご注意くださいませ







Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 17:02Comments(0)スタッフのつぶやき

2018年04月14日

新人職員・亀本からのご挨拶

4/1からアート・キューブでお世話になっております、新人職員の亀本(仮名)です。
歩みはカメのようにのろく、自宅では実際にカメを飼育しております。
まだ新人ゆえ当施設のシステムに不慣れなため、利用者の皆様にはご迷惑をおかけしてばかりで、まことに申し訳ございませんicon10
一日も早く仕事を覚え利用者の方々のお役に立てるよう、これから精進して参ります。
何卒よろしくお願い申し上げますicon12

「まずはアート・キューブの構造を頭に入れねば」と、昨日午後、キューブ周辺を探索してみました。


これは、芝生広場から見たAホールですが、その左側に微妙に写り込んでいるのは、私と共に4月から着任したキューブの新責任者ik_30
ムッチリとした体型と、イノシシじみた外股の歩き方…
新責任者・イノシシ氏
そのユーモラスな姿をうまく写したかったのに、焦ってしまい失敗。
親しみやすい容姿そのままの、楽しくてお優しい人物です。
皆様、新人で下っ端の亀本と共に、新責任者のイノシシ氏もよろしくお願い申し上げます。


さて、万葉の時代からの景勝地・和歌の浦に建つアートキューブ。
周囲には、素晴らしい景観が広がっています。
これは、キューブ裏から撮影した不老橋と鹽竃神社。
あ、アングルが悪く、橋が松の木でイマイチ見えていませんね。
松に遮られた不老橋
橋の上まで行ってみると…
潮の満ちた干潟に浮遊する生物
おお、遊泳中の何やら丸い生物が!

…クラゲでした。
『干潟生物観察図鑑』によれば、どうやら「アカクラゲ」らしく、強い毒を持つようです。
干上がった死骸でさえ有毒、とのことなので、今後アカクラゲには注意しなければ…と心に誓った亀本。
先日、キューブのご近所の方から「アカエイが泳いでいた」とお聞きしたので、またこの辺りではエイも見られるかもしれません。
アカエイは和歌山では「エブタ」と呼ばれ、煮つけで食べられています。
しかしこのアカエイも、尾の鋭い毒針がたいへん危険な生物。
水底に沈んで潜んでいるエイを踏んづけると、おそらく病院送りになると思われます。

でも、そのような危険性をはらんでいるとは想像もつかぬほど、和歌の浦の干潟は美しい。
特に、干潮時の絶景は息を呑むほど。
潮が引けばハゼ類なども観察できますね。


こちらは、キューブ2階渡り廊下から撮影したあしべ橋。
なんと…またしても立派な松の木に隠れ、何を撮りたかったんだかサッパリわかりませんね。
松に完全に隠れた状態のあしべ橋
近寄ってみると…
ラーメン構造のあしべ橋
竣工は1991年ですか。
キューブ竣工は2003年らしいので、あしべ橋が12歳先輩です。
それにしても、「ラーメン橋」なのですか…
にわかに空腹をおぼえる亀本。
最近、どうも腹が減って仕方がありません。

これは高津子山かな?
高津子山
私が若い頃には、山頂までロープウェーが通じていたかと思うけど…
展望台

数年前、この展望台まで徒歩で登ってみましたが、運動不足の身には非常にキツかったです。
和歌浦漁港で若シラスの天ぷらを食べてから登ったのですが、体力の消耗により、下山時には既に空腹を感じていたものです。


平成29年には、日本遺産に認定された和歌の浦。
こんな風光明媚な地で勤務できるとは…
4/1以来、身に余る幸福に胸を震わせている亀本でございます。
キューブ周辺取材では、もうちょっと小マシな写真も撮ったつもりですが、カメラの調子がわるくてアップできずにいます。
それらはまた、後日ご紹介させて頂きます。

それでは、日本遺産・和歌の浦とアートキューブ、そして新しくやってきた我々職員をば、どうぞよろしくお願い申し上げますicon01






Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 15:13Comments(0)スタッフのつぶやき