2018年07月30日

2018年 セミ考





明日は火曜日で、アート・キューブの休館日。
休み明けの水曜日には、いよいよ8月突入ですねik_33

「DICE in わかやま」 と 「舞台ワークショップ」 がもうすぐ始まりますik_20
参加者の方は、飲み物やタオルを忘れずにお持ちくださいませicon10


長引いた超絶猛暑は一旦和らぎましたが、まだこれからが夏本番ik_01
今後1か月くらいは、「また、あんな熱波が襲来することもあるだろう」と覚悟をしておかねば…
既に今年は、7月の暑さで疲れ果てている方も多いかと思いますik_84
それでも無情に、まだまだ夏は続くのです。
体調管理を万全にして、なんとか酷暑を乗り切りましょうik_78





さて、本日は、ちとセミの話題をば…
わたくし亀本がアート・キューブにて勤務中、外で耳にするセミの声といえば、ほぼ全てがクマゼミです。
「シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン!!!!!」
という大合唱があまりにうるさくて、暑さがより倍増した気になってしまうあの声…face09
クマゼミは、西日本の市街地で見られるセミの代表格ですね。
アート・キューブ駐車場の植栽にくっついたセミの抜け殻をいくつか採取し確認したところ、どれもこれもクマゼミばかりでした。


一方、私の自宅の近所には鎮守の森がありまして、同じ和歌山市内でも、その辺りではもう少し多様なセミの声を聞くことができます。
まず明け方…「ジーーーーーーーッ」という低いアブラゼミの声。
(これは、アート・キューブ周辺にもいるけど)
それに混じり、どこか遠くから「カナカナカナカナカナカナカナ…」という清澄な響きがik_76
ヒグラシです。
この夏、ヒグラシの初鳴きを確認したのは、今朝の4:50頃でした。
やがて、「ミーーンミンミンミンミンミーーーン…」と、ミンミンゼミの高らかな独唱もicon12
ミンミンゼミの初鳴きは、7/27に確認。
今年は、ミンミンゼミの声をなかなか聞くことができず、ずっと「まだかなまだかな?」と首をひねっていたのです。
毎年観測記録をつけているわけじゃないから、本当のところ、日付的に例年より遅かったのかどうかはわかりません。
今年は7月の早い時期から「災害級の猛暑」に襲われたため、私が夏を長く感じていただけなのか?
それとも、猛暑がミンミンゼミの発生を実際に阻んでいるのか?
どちらなのでしょうね。
ミンミンゼミもヒグラシも、比較的森林性の強い種のセミかと思うので、この夏の異常な暑さには参っているに違いないです。


7~8年ほど前のこと、私は某掲示板に「ミンの数がものすごく多いミンミンゼミ」とかいうタイトルの投稿をし、その時かなりウケたので、ここでも少々そのネタをば。
その投稿をした当時、我が家の近くの鎮守の森からは、驚くほど「ミン」の数が多いミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきたのです。
ミンの数が多いミンミンゼミ…なんじゃそりゃik_19と思われることでしょう。
解説しますと…
ステレオタイプなミンミンゼミ鳴きとは、たぶん「ミーンミンミンミンミンミーーン」ではないでしょうか。
「ミン」は、計6回。
しかし、私の聞いたものは、とんでもないミンの数だったのです。
「ミーンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミーーーーン」…みたいな。
いつ終わるとも知れない、果てなきミンの連続face08
懸命に指を折って勘定した結果、私の聞いた最多ミン記録は、なんと32回ik_20
ものすごく体力のあるセミだったのでしょうか。
きっとメスにモテまくり、多くの子孫を残したことでしょう。
その翌年くらいも、多ミンのセミの声を聞いたように思います。
その後私も忙しくなり、悠長に家でセミのミンを数えてはいられなくなり…
が、それにしてもここ数年は、多ミンなセミに全く出会えておりません。
いくらセミの声にあまり注意を払っていないとはいえ、たまには多ミンゼミが声を聞かせてくれてもよさそうなものです。
まあ、こんな暑すぎる夏の今年では、多ミンは望めるはずもないでしょうがicon07


和歌浦も、東照宮や天満宮の付近なら、きっとミンミンゼミがいるはず。
もしミンの多いミンミンゼミに出会った方がいらしたら、ぜひミン数を勘定してみてくださいませicon21




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 21:54Comments(0)スタッフのつぶやき生物たち

2018年06月24日

7月の催し一覧




7月を迎えるまで、あと一週間。
アート・キューブエントランスには、笹飾りと天の川がik_18


彦星と織姫は、アート・キューブご近所にお住まいの方が作ってくださったもの。
驚いたことに顔はリバーシブルとなっており、エントランス内から見ても外から見ても、ちゃんと顔があるのですik_20
ちなみに…北島橋の向こう、栄谷の辺りにある某回転寿司店前にも、頭部がリバーシブルな巨大マスコット人形がそびえ立っていたと思いますが、あちらは手もリバーシブルで、なんと親指が両側に1本ずつ(つまり指が合計6本!)もあります。
キューブのリバーシブルカップルは、本年7月7日には出逢うことができるのでしょうかik_88
もっと、みなさまが願い事の短冊を増やしてくだされば、七夕当日は美しいミルキーウェイが見られるかもしれませんicon12






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





さて、既に各イベントごとの告知ブログは投稿済みですが…
あらためて、7月のアート・キューブのイベント一覧表も掲載しておきますface02





以前投稿済みのイベント告知ブログは以下4つ。

      ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓







7/7 ダイキンマンライブ
2018/06/11
Daikinman (ダイキンマン)  七夕ライブ
7月のアート・キューブイベントの告知です7/7に、下記のライブが開催されます Daikinman (ダイキンマン) 七夕ライブ 開催日時   ・・・  7月7日(土)              開場 18:00  開演 18:30開催場所   ・・・  キューブ A (多目的…





7/14 シャンソンコンサート
2018/06/11
わかやまパリ祭 エディット・ピアフへのオマージュ
アート・キューブAホールにて、シャンソンコンサートが開催されます第39回市民文化まつり参加イベントです。 わかやまパリ祭 エディット・ピアフへのオマージュ 開催日時   ・・・   7月14日(土)              開演 14:00開催場所   ・・・  キュ…





7/15 バイオリン発表会
2018/06/11
バイオリン発表会
アート・キューブAホールにて、バイオリンの発表会が開催されます♪ バイオリン発表会 ♪開催日時   ・・・   7月15日(日)              開演 13:00開催場所   ・・・  キューブ A (多目的ホール)入場は無料お問い合わせ   ・・・  090-96…





7/16~22 チョークアート展 & ワークショップ
ate">2018/06/15
yabugami yoko チョークアート展 & ワークショップ
アート・キューブによる、文化振興事業開催のお知らせです。チョークアート作品の展示会と、同時にチョークアート教室も行います教室は事前申し込みが必要です(7/1から受付開始、先着順で締切)みなさまのお申込みをお待ちしております yabugami yoko チョークアート展 &; ワークショップ …









なお、アートキューブ駐車場の収容台数はわずかです。
お車でお越しの方には、当館より300m南の有料駐車場(片男波公園Pや片男波海水浴場P)の
ご利用をお願い申し上げますik_34ik_95ik_95





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




あ、そうそう、梅雨時のジメジメにより、キューブのAホール北側(玉津島神社側)のバラスや芝生広場に謎めいたキノコが生えていたので、画像を載せておきましょう。

アート・キューブ菌類子実体画像コレクション

また芝生の刈り込みの際に処理しておきますが、得体の知れぬキノコを決して食用にはされぬよう、お願い申し上げておきますik_93
(普通、食べないとは思うけど…)
毒性のあるキノコは、実は我々のごく身近にも存在しており、キノコの種の正確な判別は専門家でも容易ではないそうですik_00






  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 14:45Comments(0)自主事業ワークショップスタッフのつぶやき生物たち

2018年04月20日

アート・キューブ周辺の生物たち(4月中旬)



春の象徴、スミレ。
スミレ


片男波の通りには、立派なマツの木がたくさん植わっています。
この2本を、私・亀本(仮名)は勝手に「夫婦松」と呼んでおります。
亀本命名「夫婦松」
亀本命名「夫婦松」2
とはいえ、マツは雌雄同株らしく、実際は「太い方が雄で、細い方が雌」というわけではありません。
一本の木の中に、オスとメスの両性を備えているのです。
雌花と雄花
今の時期、マツからはニョキニョキと新たな芽吹きが。
ピンクの丸で囲んであるのが雌花で、黄色の丸が雄花とのこと。
雌花が松ぼっくりになるのですね。
雌花


ある晴れた朝、キューブのお隣の建物のてっぺんで、イソヒヨドリのオスがさえずっていました。
非常に美声です。
イソヒヨドリ♂
青い背と、レンガ色の腹。
イソヒヨドリのオスは、見た目も美しい。
和歌浦のように海のすぐ近くはもちろん、和歌山市内なら街中の中心部でも時々見られる鳥です。
イソヒヨドリ♂の羽ばたき
気持ちよさそうに、羽ばたきながら鳴いていましたよ。

イソヒヨドリ♀
これは、たぶんイソヒヨドリのメス。
(画像がわるくて判りにくいと思いますが)
ヒーッヒーッ、ンゲッ…と、あまり可愛くはない地鳴きが聞こえました。


ツグミ
これはツグミ。
眉のあたりの白いラインが印象的。
「ピッ」と胸を張った姿勢で立ち止まる様子が面白い。
(この画像では少々うつむき気味だが)
春先から今の時期によく見かけるけど、冬鳥なので、もうすぐ北へ旅立つ準備をしているのでしょうか。


キジバト
キジバトは、実に愛らしいですね。
ドバトのように大きな群れを作らず、1~2羽で行動しています。


イラガ類の繭の痕跡
キューブ駐車場裏の木に、イラガの仲間の繭の痕跡が。
繭の群れ
おうっ、豚足のような亀本の指が差す先には、大量の繭軍団が。
不気味な画像で申し訳ない…


4/20午後の干潟。
もう陽射しが暑いです。
higata
魚がジャボンと跳ねていました。
bora1
うちの責任者・イノシシ氏(仮名)は釣り人なので、彼にこの魚の種類を尋ねたところ、「ボラ」と。
bora2
卵巣がカラスミになる、あれですね。
また、空腹をおぼえる亀本でした…



この日の夜、勤務を終えて22:00過ぎにキューブの外に出ると、ホワ~っと青臭いかほりが。
これは、近くの山から漂ってきた、ドングリ(コナラとかカシとか?)の花の匂いと思われます。
毎年、GW頃にこの匂いを感じることが多いのですが、今年は早くも匂ってきましたね。
和歌浦あたりでは、いつも今頃なのでしょうか?


早いものでもうすぐ5月…
5/13の和歌祭の頃には、もう初夏の気候でしょう。
5月のアート・キューブでは、5/11~13の 『 ステンドグラス作品展 グラス遊 2018 』 、5/20の 『 TSUYOSHI ALL SESSIONS LIVE 2018 in CUBE・A 』  、5/27の 『 夏ざらい 』 という3つのイベントを予定しております。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


2018/04/22
ステンドグラス作品展 グラス遊 2018
アトリエでの作品展示会のお知らせです『 ステンドグラス作品展 グラス遊 2018 』 開催日時 ・・・ 5月11日(金) ・ 12日(土) ・ 13日(日)  10:00~17:00                                    (最終日は16:00まで) 開催場所 ・・・ …

2018/04/20
TSUYOSHI ALL SESSIONS LIVE 2018 in CUBE・A
TSUYOSHI ALL SESSIONS様 と アート・キューブ との、共催イベントのお知らせです『 TSUYOSHI ALL SESSIONS               LIVE 2018 in CUBE・A 』開催日時 ・・・ 5月20日(日)   開場12:30  開演13:00開催場所 ・・・ キューブ A (多目的ホール)主…

2018/04/20
夏ざらい 2018
吟道鶯風流和歌山会様 と 東美哉子箏研究室様 のイベントのお知らせ詩吟、箏、尺八の共演です。『 夏ざらい 』開催日時 ・・・ 5月27日(日)   開場12:30  開演13:00開催場所 ・・・ キューブ A (多目的ホール)主 催   ・・・ 鶯風流和歌山会お問合せ ・・・ …




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 19:42Comments(0)生物たち