2021年10月22日

もうすぐ国民文化祭が始まります!


すっかり秋…
いえ、もう秋を通り越して、初冬の寒さかと思えるほどicon10
先日のアート・キューブ感謝祭の頃から
急激に気温が低下してきましたねicon04
お風邪を召されぬよう、みなさまご自愛くださいませ。


今日は寒いけど、とってもいいお天気icon01
秋晴れの空に映えるノボリを立てましたik_43


まもなく始まる
「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭)
のために
和歌山の小学生のみなさんが制作されたものですicon06



アート・キューブでは、4校のノボリをお預かりしています。
  ↓ ↓ ↓ ↓



ik_18三田小学校

ミカンやモモ、グリーンソフト、パンダや貴志川線のたま電車など、
和歌山の名物が上手に描かれていますねface02



ik_18安原小学校

友ヶ島のラピュタの世界やマリーナ、豪華な海鮮丼、
豊かな木々が描かれていますik_83



ik_18浜宮小学校

きいちゃんはカワイイし、左側の絵は…名草姫かしらik_19
和歌山の中華そばイラストもそそられますik_28



ik_18和大附属特別支援学校

和歌山の街の風景や紀伊水道の海の幸が
とても色彩豊かに、たくさん描かれていますface05




ご来館の際は、4校のみなさんの力作のノボリを
ぜひご覧くださいませik_72




また、和歌祭保存会様よりお借りし、先日の感謝祭開催時に
展示していた和歌祭歴史写真ですが、現在も引き続き
当館エントランスに展示中です。
(10月いっぱいまで展示予定)
ご来館時はこちらもどうぞご覧くださいませface01




アート・キューブでも、今月末の10/30と31に開催の
演劇集団和歌山さんによる演劇公演
「補陀落への長い長い旅路」
をはじめとした
いくつもの国文祭イベントが開催されます。



11月開催のイベントについては、間もなく
「11月のイベント情報」としてあらためて
掲載させていただきますface02



  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 14:12Comments(0)お知らせ和歌浦湾の青空と雲と

2021年10月15日

「アート・キューブ 感謝祭 2021」開催します!



いよいよ今週末となりましたface02
10/17㈰ 開催 いたしますik_20


ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83
まちおこし事業
アート・キューブ
感 謝 祭 2021

ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83ik_83





フライヤー画像
(クリックで拡大)



当日のプログラム表
(クリックで拡大)





感謝祭の開催内容を個別にご紹介いたしますface01
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ik_49ステージ発表ik_49
13:30~16:00
入場無料
芝生広場にて
(雨天時は多目的ホールA)


アート・キューブで活動しているサークルのみなさんの
日頃の練習成果の発表ですik_20
ご出演は次の5組のみなさま!




ik_18和歌山ウクレレサークル

「誰でも気軽に参加できるサークル」というスタンスで
長年変わらぬ活動をアート・キューブにて継続中face01
様々なハワイアンイベントでも演奏活動をされていますik_06




ik_18Sundy's わかやま Cheerleaders

スポーツイベントでの応援やチアダンス大会出場などで
ご活躍中のメンバー34名がご出演ik_96
Go WAKAYAMAik_20 Go Sundy'sik_20




ik_18わかやま健康style 寺田尊紀
わかきん体操

「~健康で長生きするために~」


NHK番組でも取り上げられた今話題の「わかきん体操」ik_53
元救命救急士という経歴をお持ちの寺田さんが、
健康寿命向上に役立つ体操を伝授してくださいますik_20




ik_18アンサンブル・ドルチェ

毎月2回木曜日の午前中、アート・キューブで
楽しく賑やかなキーボード教室を開催されていますface02
定期的に、ボランティア演奏会やミニコンサートなども開催中face05



ik_18K-trio band

日頃はそれぞれ違う音楽活動を行っている演奏家3人
(サックス、パーカッション、チューバ)が今回のイベントのため
結成したユニットですicon22
trioならではの小回りが効く自由な音楽をお楽しみくださいface05




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



ik_49「子ども絵画ワークショップ」
 作品展示会
ik_49



11:00~16:00
入場無料
キューブB1(2年生作品)
キューブD1(5年生作品)


地元和歌浦小学校の子どもたちの絵画作品を展示face01
洋画家・土井久幸先生を講師にお迎えして7月に開催した
アート・キューブのワークショップでの制作過程写真も
掲示していますik_08

ワークショップでの作品制作の様子を書いたブログはこちら。

 



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ik_49和歌祭歴史資料展示会ik_49

11:00~16:00
入場無料
エントランス内


地元和歌浦東照宮の伝統行事であり
紀州の国祭である「和歌祭」ですが、
コロナ禍により2年連続の中止を余儀なくされました。
しかし来年は400年式年大祭ik_20
コロナの収束によって、式年の大祭が
無事行われることを願い、
和歌祭保存会様よりお借りした歴史資料を
展示いたします。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


ik_49制作体験(粘土工作)ik_49

①11:00~12:30
②14:00~15:30
各回定員7名(小学生のみ)
参加費500円(材料費・保険料込)


当館の陶芸好き職員「いのたかおじさん」が講師の
ミニワークショップです。
事前申し込み受付中ik_20
(当日空きがある場合、ご参加可能です)
申込は毎朝10:00から受付face01
icon29073-445-1188icon29



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



   face01ご来場のみなさまへface01

※マスクの着用等、新型コロナ感染症予防対策に
 ご協力をお願いいたします。
 密を回避するため、入場人数制限を実施する場合が
 ございます。 
※当館の駐車スペースには限りがございます。
 常設駐車場もしくは臨時駐車場に空きがない場合、
 当館より300m南の片男波公園(万葉館)等の
  有料駐車場のご利用をお願いいたします。



  当館臨時駐車場


  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 10:48Comments(0)イベント情報自主事業ワークショップお知らせ

2021年10月07日

「子ども絵画ワークショップ」ご報告!



和歌浦小学校にて7/7㈬に開催させていただいた
地元小学校連携事業
「子ども絵画ワークショップ」

のご報告をいたしますicon06
(開催からご報告まで3ヶ月も経過してしまい、
 申し訳ありませんicon10

このアート・キューブのワークショップは、
小学生のみなさん向けのアウトリーチ事業。
アート・キューブを飛び出して今回お邪魔したのは
和歌浦小学校 ですik_20
ご協力、ご参加くださった和歌浦小学校の
2年生と5年生のみなさん、そして先生がたも、
まことにありがとうございましたface05

このワークショップの講師は、当館での絵画教室開催時にも
いつもお世話になっている
洋画家 ・土井 久幸 先生face02
※今年度5/26に開催した土井先生の
  「スケッチ会ワークショップ」への
  リンクはこちら
   ↓





では、和歌浦小での当日のワークショップの模様を
掲載いたしますicon06

 ↓ ↓ ↓



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



前半は 2年生 のみなさんのワークショップでした。
土井先生が選んだテーマは
「中と外」icon14icon25icon15
このテーマでは、1枚の画用紙の中に2つの絵を描きます。
「部屋の中と外」「袋の中と外」「水槽の中と外」のように…
「内側」と「外側」の世界の描き分け
が制作課題です。
何を選んで描くかは、みなさんの閃き次第face01
だから、現実世界に存在する「中と外」だけとは限りません。
むしろ、あり得ない組み合わせがいいicon22
例えば、先生の見せてくれた作品例は、
針葉樹林に浮かぶガラスビンの中にクジラが
泳ぐ超現実世界。

また、描く対象だけでなく、絵画技法を変えることによっても
異なった2つの世界の描き分けができます。
たとえば内側は「クレパスを使った具象」で描き、
外側は「水彩のにじみで抽象表現」をするなど…
自由な発想力による2つの「内と外」の世界を描いていきましょうicon21
図鑑を参考に、思い思いに動物や植物を描き始めました。

これは、2種類のタッチの違うクワガタ…
下の写真のヘラクレスオオカブトを描いた彼女は、
アートのインスピレーションがさらに溢れ出したようで、
この後もう一枚アカハライモリを描き上げたと聞きましたik_96

これはオニヤンマかな?

スイカをクレパスと水彩と両方で表現し分けた人もik_33
昼間と夜の景色の対比を描いている絵もありますicon01ik_18
あ、あるいは秋と冬の自然風景の描き分けなのかも…
(違っていたらごめんなさいicon10
でも、見ていると色々な連想がふくらんでくる感じik_96
想像力を様々に掻き立てられる作品ばかりですik_94

みなさん、「中と外」というコンセプトをしっかり
自分のものとして、2つの世界のコントラストを
見事に表現していますねicon22

 ↑
この写真の彼女は、自らの手を絵筆代わりに、
大胆な着色に挑んでいましたik_20
キレイに描けたケーキの絵に、ピンクの絵の具を
塗布した手をダイナミックに躍らせていますik_96
それを目の当たりにした当館職員、
素晴らしい発想力に感心しきりでしたik_83




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



後半は 5年生 のみなさんです。
こちらのテーマは
「セザンヌ風 静物画」ik_09ik_10
花や器、果物など、いくつかの静物を組み合わせたものを
モチーフに描きます。

19世紀に「写真」が発明される以前、絵画や彫刻に
要求されていたのは芸術性だけではなく、
「モデルをありのまま忠実に再現すること(写実性)」でした。
しかし写真の登場を境に、アーティストたちは「写実性」を超える
視覚芸術の世界(印象派やキュビズム)を目指し始めたのですicon21
今回の5年生のワークショップでは、
見えるものを見えるまま、ただ正確に描くのではなく、
形のゆがみや多視点 といった、
近代絵画の父・セザンヌの作品
のような要素
を取り入れた表現に挑戦しました。

子ども時代から長く写実的な絵画法だけになじんでいると、
「形のゆがみ」「多視点」といった要素の取り入れは
容易ではないicon10
大人なら感覚も思考も頑ななものとなり、
着眼点の切り替えは困難かもしれません。

しかしみなさん、さすがに柔軟な感性を持っていますicon12
いくつもの方向からの見え方を集約して描けている人、
構図の切り取り方が斬新な人など、
見ごたえあるデッサンがたくさんface05
着色の段階でも、見たままの色彩の再現には留まりません。
素材と描き手との対話により生まれたような色彩表現の人や、
水彩画特有の夢見るような色のにじみが美しい人、
まさしくセザンヌを彷彿とさせるようなリンゴを描いた人など…

本当に、水彩ならではの味わいが見事です。

この作品の美しい色合いには、土井先生のクレパス画でよく見る、
ニュアンスあふれるブルーの色調を想起させられました。
見る者を深く頷かせる作品がたくさん誕生しましたねicon12



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



情景画の名手・土井久幸先生によるワークショップ、
和歌浦小学校のみなさんにはきっと
楽しんでいただけたかと思いますik_83


「中と外」…
「ゆがみや多視点」…

今回、こうした多様な着眼点をもって絵画表現に挑んだ
小学生のみなさんのお姿を拝見し、当館職員も
ひとつの学びを得ることができました。
多様な切り口から物事を見ることの大切さに、改めて
気付かされた思いがするのですicon01


そういえば…
土井先生がワークショップの際、いつも、必ず
おっしゃることがありました。
「絵に上手・下手はない」
「失敗はない」

これは決してきれいごとからの言葉ではなく、絵画の世界を
探求し続ける土井先生だからこそ発信可能な、
絵に親しむすべての人々に向けたメッセージですik_20
描く対象を「どう切り取るか」「どう表現するか」は人それぞれ。
多様な切り口と表現法があっていい。
多様なほうが面白い。
面白さに気づけば「描くことが好き」になる。
「絵を習う」とは、すなわち「絵を好きになる道筋を習うこと」
なのかもしれませんねface01


ワークショップで和歌浦小に伺った当館職員の1人は、
子どもの頃は図工の時間が憂鬱だったと言います。
理由は、絵を描くのが下手だったから…
いえ、「下手だと思い込んでいた」からでした。
図工の先生に自分の描き方の長所を褒めてもらったり、
ポジティブな楽しい気持ちで絵に向き合ったりする機会を
得られないまま、苦手意識を募らせてしまったのですねik_85
そして今回、ワークショップで土井先生の
「上手・下手はない」「失敗はない」
というお話を聞いた時、職員は自分の子ども時代を振り返り、
しみじみこう思ったそうです。
「こういう授業だったら、私ももっと絵が好きになっていたかも…」
また、今回のワークショップ後、参加者のみなさんに
書いていただいたアンケートの中にも、土井先生の
「上手・下手はない」「失敗はない」
というお言葉がとても励みになった、というご意見がありましたface05


絵画学習は、単に視覚芸術の表現技法習得にとどまらず、
絵画を愛好する心を養うためのもの。
さらには、思考力や創造力、柔軟性や寛容性など、
人間性の根幹を成す部分を育んでくれるものでもあるはず。
だから、誰にとっても、アートは必要なもの。
画家やデザイナーなど、アートの専門分野に生きる人だけが
アーティストなのではないik_20
そう、
全ての人がみんな、
それぞれにアーティスト

なのかもface02


未来ある子どもたちにとって、芸術文化活動が豊かな人間性醸成の
一助となることを願いますface05
また、全ての人々が芸術文化に生涯親しみ、実り多き人生を送れる
社会であることも願いますface01
そのお手伝いができるよう、アートセンターとしての機能を充実させるべく、
またみなさまに親しんでいただける施設であれるよう、
当館は今後もますます精進いたしますicon21





そして…
このワークショップで和歌浦小学校のみなさんが描き上げた
素晴らしい力作は、10/17㈰ にアート・キューブで開催する

まちおこし事業
アート・キューブ
感 謝 祭 2021



の作品展にて展示させていただきますface02



感謝祭の詳細情報は、近日中にまた当ブログにて公開予定ですik_08
ぜひ多くの方々に見に来ていただきたく思いますik_83


  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 09:31Comments(0)自主事業ワークショップ

2021年09月20日

10月のイベント情報!



夜風すずしき秋の訪れ…
もう肌寒く感じる日もik_76
つい半月前までの猛烈な暑さが嘘のよう。
季節のうつろいの早さを感じますicon10
台風シーズンにも突入しましたねicon05


さて、10月のイベント情報を掲載いたしますik_20





こちらをクリックすれば拡大画像が表示されます。
  ↓




※すべて9月20日現在の開催予定です。
  今後、新型コロナウイルスの感染拡大状況により、
  スケジュール等が変更となった場合は、
  当ブログやHPなどで随時お知らせいたします。





以下、3つのイベントを個別にご紹介ik_60ik_62ik_61

※それぞれのサムネイル画像をクリックすると、
  フライヤーが拡大表示されます。
   ↓ ↓ ↓




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~




10/17㈰

 まちおこし事業
アート・キューブ
感 謝 祭
  2021




今年度より新たに始まるアート・キューブのイベントik_06
みなさまの日頃のご愛顧に、職員一同
心から感謝をこめて開催いたしますface05
イベント詳細はまた10月に入ってから
改めて告知させていただきますが、
主に以下のような内容を予定しております。


ik_49ステージ発表(音楽やダンス)
当館利用者様による、日ごろの活動成果の発表会face02
会場は芝生広場、雨天時は多目的ホールA内で。
入場無料ik_73

ik_49展示会
7月に開催した、和歌浦小学校様との連携事業
「子ども絵画ワークショップ」の作品展示。
2年生と5年生のみなさんの力作揃いですicon21
会場はキューブB1とD1。
また事務所エントランス内スペースでは、
毎年5月(今年は11月予定)に行われる伝統行事
「和歌祭」の歴史資料を展示します。
入場無料ik_73

ik_49粘土工作体験
小学生対象の簡単な粘土工作体験会。
プライベートでは陶芸三昧の当館職員
「いのたかおじさん」が講師ですface01
動物模型や生物図鑑などを参考に、
参加者さんオリジナルの粘土作品を
制作しましょうik_96

制作作品例
by : いのたかおじさん and more …

~~小学生粘土工作体験募集~~
・参加費   500円(材料費と保険料込み)
・会 場    キューブC1
・時 間   ①11:00~12:30 ②14:00~15:30
・参加人数 (①と②それぞれ7名ずつ)
募集開始 10/10㈰ 10:00
・受付方法 電話のみ
 (募集期間中毎朝10:00~電話で受付)




※9月20日現在の開催予定です。
  今後、新型コロナウイルスの感染拡大状況により、
  アート・キューブ感謝祭2021の開催内容や
  スケジュール等が変更となった場合、
  もしくは開催中止となった場合は、
  当ブログや当館HPなどで随時お知らせいたします。





*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



10/25㈪
Business
Development
School
 in 和歌浦

 和歌の浦での
   新たなる事業に
     チャレンジ




明光通り商店街を中心とした和歌浦エリアでの
起業や事業拡大をお考えの方々のための
実践的な事業構想講座ik_08
この10/25が、全3回講座のうちの第1回目。
受講料は無料。
受講申込の 締切は 10/4 ㈪ です。
申し込みや問い合わせは
フライヤー裏面掲載のQRコードから、
もしくは和歌山市都市再生課まで。
☎073-435-1048




*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



10/30㈯ 10/31㈰

紀の国わかやま文化祭2021
演 劇 公 演
補陀落への
長い長い旅路

那智の浜から、上人たちは
  補陀落めざして海を渡って行った…




時は戦国時代、南海の彼方にあるという
補陀洛浄土を目指し、那智・補陀洛山寺の
僧侶たちは、二度と還ることなき舟で旅立った…icon19
この「補陀洛渡海」を題材とし、全く新たな物語を
演劇集団和歌山さんが書き上げ、演じます。

なお、この演劇公演のチケットは、
当館アート・キューブでもお取り扱い
しておりますik_63




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 15:36Comments(0)イベント情報自主事業ワークショップお知らせ

2021年09月10日

「心の豊かさを見つける演劇会」が観覧者募集中☆



当館アート・キューブが会場となる
紀の国わかやま文化祭2021
の開催イベントの


   ik_09 心の豊かさを
     見つける
    演 劇 会
ik_09


観覧者を募集
しているそうですik_20






こちらをクリックすると拡大表示されますik_08
  ↓  ↓







ik_18公演日時
  11月19日(金)・20日(土)
  13:00~14:30

ik_18会  場
  和歌の浦アート・キューブ
  多目的ホールA

ik_18募集定員
  各55名

ik_18入場料
  無料(事前申込要)






出演は、鳥取県の「じゆう劇場」 face01

障害のある人とない人が一緒に舞台を作り、
日常生活では隠れがちなそれぞれの可能性を発見し、
その素晴らしさを観客と分かち合うことを目的としているそうですicon12

2013年に活動を開始し、鳥取県内や国内各地、
フランスやタイでの公演も行っている劇団ですicon21

今回は、そんな「じゆう劇場」の和歌山県初公演ik_20

観ることで心が豊かになる演劇会ですik_83




詳しくは、
紀の国わかやま文化祭2021
県実行委員会公式サイト

をご確認くださいface02
  ↓ ↓ ↓ 
 URL
 https://kinokuni-bunkasai2021.jp/topics/e6189/



お問い合わせ・お申し込みは
紀の国わかやま文化祭2021
障害者交流事業応募事務局
 まで
TEL 073-460-2393
FAX 073-475-6062
MAIL kinokunikouryuu3@gmail.com


  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 17:22Comments(0)イベント情報お知らせ

2021年09月02日

月夜の祭典~Hibiki~ 中止のお知らせ!



毎年9月のアート・キューブ恒例行事
「月夜の祭典」
今年度は中止とさせていただきますik_20







名月輝く秋の夜長、どなたでも自由にフラリと立ち寄って
気軽に楽しんでいただける、無料の屋外イベント…

「月夜の祭典」はそんなフリースタイルな催しであるがゆえ、
来場者を限定したりチケットを事前販売する催事に比べ、
入場人数制限実施や来場者の連絡先把握が困難なものです。

昨年(2020年9月26日)の開催も、コロナ禍の中での
制約の多い内容となりました。
(昨年の「月夜の祭典~Neiro~」開催内容は、過去ログをご参照くださいik_08
  ↓



その昨年以上に厳しい状況となった今年…

新型コロナウイルスの感染拡大は、これまでにない勢いで
急速に進んでいる状況です。
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が各地に発出され
和歌山でも感染者が増加しています。

そうした現状に鑑み、このたび
当館自主事業「月夜の祭典」の中止を決定いたしましたik_20

毎年この行事を楽しみにしてくださっている皆様には
申し訳ない限りであり、当館としても苦渋の決断でございます。
何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



昨年に続き今年も音楽イベントということで
「月夜の祭典~Hibiki~」として企画し、
ウクレレ、サックス、チューバ、パーカッションの音色が
芝生広場に響くはずでしたik_06


  ↑
 こんな感じで…icon07


どうぞ、
来年度の開催にご期待くださいませik_70


出演をお願いしていた演者様方には、次の機会にはきっと
当館芝生広場での名演をお願いしたく思い…

職員一同、
新型コロナの早期収束を
心より祈る次第ですik_20




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 12:52Comments(0)イベント情報自主事業お知らせ

2021年08月23日

9月のイベント情報!

※アート・キューブ主催事業
 「月夜の祭典」は
 中止とさせていただきますik_20
 
(8/28更新情報)

※「IBW BEAUTY COLLECTION 2021」は
 中止となりました。

  (9/1更新情報)






※以下は8月23日現在の開催予定です。
  今後、新型コロナウイルスの感染拡大状況により
  スケジュール等が変更となった場合は、
 当ブログやHPなどで随時お知らせいたします。






雨上がり…
また残暑がぶり返してきましたicon01
それでももう、夏本番の灼熱の暑さではありませんねik_76
秋はもうすぐそこまでface01

というわけで、
9月のイベント情報を掲載いたしますik_20







細部まで見える拡大画像はこちら
     ↓








個別のフライヤーも掲載いたします。
それぞれのフライヤーをクリックすると拡大表示されますik_60ik_62ik_61ik_63



アトリエでの展示会 は以下3つik_24
   ↓   ↓   ↓


ik_189/4㈯~9/12㈰ik_18
第二回
四つ葉写真展


4人の写真家の方々で構成されたグループ
「四つ葉の会」さんによる写真展。
以前アートキューブで開催してくださった第1回写真展も
見ごたえある素敵な写真をたくさん拝見できましたface02




ik_189/18㈯~9/20㈪㊗ik_18
第9回
絵画教室アトリエ・さくら展


いつも当館で開催してくださっているアトリエ・さくらさんの作品展、
今年でもう9回目になるのですねface05
毎回教室の生徒さんや先生ご自身の作品がたくさん出展されます。




ik_189/18㈯~9/20㈪㊗ik_18
山田のリアルな飯画(めしが)展


「山田めしが」さんによる、非常に食欲をそそる絵画展ik_32ik_28ik_29
~写真じゃないよ、絵なんだよ~
というキャッチコピーどおりの
リアリズムあふれるグルメアート作品を、みなさま展示会場でご堪能あれik_30






ホールイベント(芝生広場会場も含む) も3つは1つik_24
※中止となったイベントがあります。
   ↓   ↓   ↓




※このイベントは中止となりました。
ik_189/11㈯ik_18

BEAUTY COLLECTION 2021
美容専門学校生の方々のヘアメイク作品の発表イベントik_17icon12
なお、観覧は関係者のみとなっています。




※このイベントは、コロナ感染拡大状況により
開催を中止 とさせていただきます。

(8/28更新情報)

ik_189/18㈯ik_18

月夜の祭典
~ H i b i k i ~



当館主催の9月恒例行事「月夜の祭典」face01
昨年に続く今年も音楽イベントの予定でした。
ウクレレ、サックス、チューバ、パーカッションの音色が
芝生広場に響くはずでした…
楽しみにしてくださっていた皆様、
どうぞ来年度の開催にご期待くださいませicon10





ik_189/23㈭㊗ik_18
So that emotional.
そうだ、エモろう。


マリンバの坂下公実子さんをはじめとした5人の
演奏者の方々によるパーカッションアンサンブルコンサートface05ik_06
一 般 2,200円(当日2,700円)
小学生1,100円(当日1,600円)
※未就学児無料
チケットお問い合せは坂下様まで
☎090-4492-8078




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 16:19Comments(0)イベント情報自主事業お知らせ

2021年08月20日

文化祭と夏空と大雨と…


ik_33 残暑お見舞い ik_77
    ik_77 申し上げます ik_33


立秋を過ぎ、しのぎやすい気候となってきたかと思えば、
先週からのひどい雨icon03icon05
特別警報が多くの地域に発令され、各地で大きな被害が…
そして、新型コロナの感染状況も急激に拡大していますik_01
コロナ禍2年目、今年は昨年以上にたいへんな夏となりました。
どなたさまもご自愛くださいませicon10icon10





更新が滞りがちなアート・キューブのブログface07
また近々、ワークショップのご報告なども
掲載させていただく予定ですik_08
本日のところは、この夏の前半の思い出話などあれこれの、
スタッフの呟きブログでございますface01





多くのドラマを見せてくれた感動のオリンピックが閉幕icon16icon12
そして間もなくパラリンピックが始まりますicon21
高校野球は大雨で異例の連続順延となったりで、
球児さんたちのコンディション調整が心配になりますik_79icon10
でもそんな中でも健闘なさる若者の姿に、
今年も日本中の人々が、テレビの前で
胸を熱くしています❗


そんなスポーツが熱い夏だけれど、
今年の和歌山はカルチャーやアートも花盛りik_09


まず、第45回全国高等学校総合文化祭(総文祭)が
和歌山県で開催されましたik_49
(開催期間は7/31~8/6)
ビッグホエールでの開会式のライブ放送をテレビで
観ましたが、高校生のみなさんの演技や司会進行が
とても素晴らしかったですicon12

大会本番前の演奏の練習を当館でなさった
出場校の方々もいらっしゃって、我々アート・キューブ職員も
高校生のみなさんの芸術文化活動を身近に感じる
ことができましたface02

その総文祭開催期間前後の和歌浦湾の美景写真を
撮りためていたので、この夏前半のアート・キューブの
思い出を振り返りつつ掲載いたしますicon06




これは7/30の和歌浦湾。

青く澄み渡る空と、山脈のように連なる巨大な夏雲が
あまりにも美しくて撮影しました。
お盆前後の大雨時は和歌浦も怖いくらい荒れましたが、
その半月前はこんな快晴だったのですicon01
わたくしC職員の撮影の腕ではイマイチ伝わらないけど、
この目で見た実物はホントにすっごいスーパービッグクラウド(?)
だったんですよねik_20icon02
この7/30は、総文祭に参加される筝曲部員さんたちの
妙なるお琴の音色がアート・キューブのホールや
キューブD1に響いていましたicon12


8/1の、この名草山にかかる巨大な虹をご覧くださいface05

この日は猛烈な土砂降りでしたが、これは夕方の雨上がりの景色です。
8/1は器楽部や管弦楽部の方々が練習にいらっしゃっていました。
ホール内から聴こえる見事な演奏に聴き惚れ、ホール前を通りかかるたびに
つい足を止めてしまいましたik_72


これは8/6の朝。
和歌浦湾の対岸側(明和中学校横)からアート・キューブ方面を見たところ。
不安定な天候の1日だったと思いますが、それだけに、
空はなかなか味わい深かったです。

紺碧から淡いブルーへとグラデーションを描く空。
表情豊かな雲。

同じ日時で同じ場所なのに、少し違う方角を振り返るだけで、
こんなに空の様子が違います。

片男波の遊歩道からも撮影しました。

やっぱりドラマティックな空ik_83

この日は吹奏楽部門の方々の練習最終日でした。



総文祭に参加されたみなさんは、この暑さや悪天候で
体力を消耗されたことでしょうし、コロナ感染防止策を
充分に講じながらの練習となると、大変な日々だったはず。
しかし、無事に大会本番を迎えることができて本当によかったですicon06
当館で練習をされてから本番に臨まれた方々が
存分にお力を発揮できて、素晴らしい結果を得られたとの
吉報も頂いたり…ik_44
コロナ禍の中での総文祭開催が実現し、そして
みなさんの練習の成果をこの和歌山で披露して
いただけたことを、和歌山県民として嬉しく思いますface05
今はコロナ禍の日常に閉じ込められて苦しい状況だけど、
若いみなさんの未来はきっと輝かしいものとなりますicon12face02icon12



こうして高校生のみなさんの総文祭は終了しましたが、
10月からはまた「第36回国民文化祭・わかやま2021」も
県内各地で開催されますface01
国文祭の時は練習だけではなく、アート・キューブが
開催会場となる本番イベントもあるのですicon12

秋はイベントシーズンik_20
9月以降、アート・キューブで演奏会や展示会などの催しを
予定されている主催者さんもたくさんik_06
また、恒例の「月夜の祭典」等、アート・キューブ主催の
自主事業イベントも開催を準備中ですicon21

どのイベントも感染防止策を最大限に講じた上での企画でありますが、
今後のコロナの感染拡大状況次第では、イベント開催自体が難しくなり、
中止を余儀なくされる可能性もありますik_85

感染拡大状況が落ち着いてゆき、それらのイベントを安心して
開催できるよう祈るばかりですik_70






8/7には、アート・キューブにこんな愛らしい来客がface02
あ、昆虫が苦手な方もいらっしゃるかと思って、小さな
サムネイル画像にしておきましたが。
 ↓ (クリックすれば画像が大きく表示されます)


エントランスの自動ドアの内側にいたニイニイゼミさんです。
写真では倍くらいの大きさに写っているけど、ちっちゃいですik_92
2cmちょっとくらい。
このコンパクトなサイズ感、フォルム、色調…
セミ類の中ではダントツに可愛い種ではないでしょうかface05

夏の終わりの今の時期は、トワイライトタイムの午前5時過ぎから、
このニイニイゼミは鳴き始めるようですね。
夜明け直前、ニイニイさんの声を伴奏に、ヒグラシとミンミンゼミが
涼やかなデュエットを奏でるのをベッドの中で耳にすると、
起きる前からちょっと素敵な気分になれますik_88
盛夏の頃は、そんな名演も6時頃にはクマゼミの大合唱に
かき消されてしまったけれど、今の時期はもう
クマゼミの声も勢いが弱まりつつあり、
だんだんツクツクボウシが優勢となってきました。

このエントランスに入ってきたニイニイゼミ個体は、写真のように
かわいく手乗りゼミにさせてもらった後、涼しい駐輪場横の木陰に
逃がしましたik_71
ニイニイ幼虫は乾燥した土壌が苦手とのことで、街中ではあまり
多くみられないセミかと。
和歌浦周辺の鎮守の森の豊かさが
ニイニイゼミを育んでいるのかもしれませんね。


アート・キューブ敷地内の植栽の土壌に開いた穴。
セミの幼虫が開けた穴でしょう。
これらはたぶん、ほとんどクマゼミかな?

ニイニイゼミが遊びに来てくれた日の夕空。




8/9は台風9号が西日本に上陸し、温帯低気圧に変わって
日本海へ抜けました。
これはその日の日暮れ前、また対岸のシーサイドロードから見た空。

片男波公園の岬の突端と雑賀崎が見えます。
まだ海は波が高かったです。


この後のお盆前後の大雨でも、海は大荒れでした。
和歌山市内でも何箇所か、崖崩れや浸水が起こりましたが…
西日本を中心とした各地の被災状況が少しでも小さいもので
済むことを、心よりお祈りいたします。




もう夏も終わり。
秋の気配がはっきりと見えてきましたねik_76
夕方にはコオロギとスズムシ、カネタタキの声も聞こえますik_06
秋が近いのだと思うと、ちょっぴり寂しい気持ちもicon10





でも、まだ暑い日も続きます。
夏の疲れが顕著に出てくる8月の終わり。
残る夏を、健康に気を付けて乗り切っていきましょうねik_20



  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 20:19Comments(0)スタッフのつぶやき生物たち和歌浦湾の青空と雲と

2021年08月15日

☆2021秋冬チケット情報☆



※ チケット情報を追加しております。
  (最終更新10/1)





アート・キューブ窓口にて現在販売中の
チケット情報を掲載いたしますface02







こちらの画像をクリックすると大きく表示されます。
(上段・下段の2枚に画像が分かれているので
 それぞれにクリック願います)
  ↓











紀の国わかやま文化祭2021イベント


 ik_1810/30㈯
  10/31㈰
ik_18
 演劇集団和歌山公演
 補陀落への長い長い旅路
   和歌の浦アート・キューブ
   多目的ホールA



 ik_1811/2㈫ik_18
 きのくにわかやま伝統芸能
 夢舞台
   和歌山城ホール
   小ホール



 ik_1811/7㈰ik_18
 劇団ノスタルジア創作演劇公演
 B L U E
   和歌山県民文化会館
   小ホール
  


ik_18 11/14㈰ ik_18
新作オペラ
稲むらの火の物語
―梧陵と海舟
 全4場

和歌山城ホール
大ホール








和歌山城ホール開館記念イベント


  ik_1811/28㈰ik_18
    桂 春団治一門 落語会
 


  ik_1812/11㈯ik_18
   TONPEI
   STAND UP LIVE
 

  ik_1812/12㈰ik_18
   西 陽子 plays
   箏百景
 


  2022年
  ik_181/8㈯ik_18
   津軽三味線 
   木乃下 真市 コンサート

 







きのくに舞台芸術演劇祭イベント


 ik_1811/17㈬ik_18
  愛と奇跡の舞台




 ik_1811/18㈭ik_18
  花咲く乙女の子守唄




 ik_1811/19㈮ik_18
   ミュージカル
  リトル・プリンス



 ik_1811/20㈯ik_18
  古代わかやまの女王伝説
  名草姫




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 14:57Comments(0)お知らせチケット情報

2021年07月23日

8月のイベント情報!



梅雨も明けたし、いよいよ夏本番ik_20
真っ青な空に白い入道雲icon01
クマゼミとアブラゼミの声が盛んに聞こえてきますik_06
オリンピックも開幕ですねicon21


今週末のアート・キューブは、展示会が2件ik_60ik_61
B1では 絵画造形教室 アトリエ・リーフ 様 の作品展、
D1では yabugami yoko 様 のチョークアート展。
どちらも7/25㈰が展示最終日です。
ご来館のみなさまは、両方の展示室をハシゴなさり
どうぞ楽しんでいってくださいねface05





さて、来たる8月のイベント情報を掲載いたしますik_08




見えにくい場合はこちらをクリック
   ↓








主催者様のフライヤー画像も掲載します。
第14回 三人展
SINCE 1976年


クリックで拡大表示されます
  ↓






  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 13:43Comments(0)イベント情報