2018年09月06日

「舞台ワークショップ 2018」 ご報告 ♪




月が変わってしまいましたが…
8/11(土)、25(土)、26(日)の3日間にわたって開催された、自主事業ワークショップのご報告をさせて頂きますicon01

ただ、ブログ筆者のわたくし亀本、実は勤務シフトの関係で、この舞台ワークショップをこの目ではほとんど見られておりませんicon07
(最終日の本番公演だけは観せて頂けましたがik_06

従ってこのご報告、ほぼ他の職員の撮影した写真の掲載にとどまりますが、ご容赦くださいませface10



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



舞台ワークショップ ~ 舞台技術を学び舞台を創る 2018 ~




講師 : 株式会社ハートス和歌山オフィス
       清水眞毅 氏
       岩花さとみ 氏







8/11(土)
第一回目  「舞台の基礎を学ぶ」



いつもアート・キューブの催事を演出してくれている「ハートス」の社員の、清水さんと岩花さん。
その頼もしいお2人が講師となり、夏休みの子どもたちに、舞台技術の手法を手取り足取り教えてくれましたicon21
この8/11のワークショップ参加者は7名。
















8/25(土)
第二回 「リハーサル」



8/25の参加者は8名。
三線の演奏者の方々を交え、翌日の公演のためのリハーサルを行いました。







いよいよ明日が本番ik_20
このメンバーで頑張りましょうik_96
というわけで、三線を持たせてもらって、みんなで集合写真を撮りましたface05








8/26(日)
第三回 「本番公演 ~三線の音色~」



8/26の参加者は9名。

第一部公演は、「和歌山三線教室」のみなさんによる発表。
初めて舞台に立つ方もおられたようですが、素敵な演奏でしたicon12
ワークショップ参加者のみんなも、ハートスさんの指導の成果で、すっかりプロの技術者のようではありませんかik_73







最後に、舞台上で観客の方々にご挨拶を。
参加者のみんな、すごく頑張りましたねik_20ik_72




第二部公演。
ここからは、ハートス清水さんと岩花さんによる演出で、「team三線紀州」のお2人が演奏します。



観客のみなさん、ノリノリで踊っていましたik_06ik_72




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




演奏者の方々、ワークショップ参加者のみんな、ハートスのお2人…
全員が力を合わせ、素晴らしい舞台公演を成功させることができましたicon21icon21icon21
コンサート会場の舞台裏を見る機会なんて滅多とないので、すごく面白い体験だったと思います。
ワークショップ参加者のみんなも、舞台を観に来たお客様たちも、アンケート用紙に「楽しかったface02」とたくさん書いてくださっていましたicon12





  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 12:52Comments(0)自主事業ワークショップ

2018年09月01日

9月到来…



「猛烈な台風21号」の接近と共に迎えた9月face07
昨夜は凄まじい雷で眠れなかった方も多いのではicon05icon05icon05
わたくし亀本は、目を閉じているのにイナビカリが眩しくて目覚め(まぶたの肉が薄いのだろうか?)…
その後間を置かずドーンッと落雷したその震動が、もう恐ろしゅうて恐ろしゅうて…ik_84
台風20号の時も家の揺れが怖くて眠れませんでしたが、今回の21号は一体どうなるのでしょうface08


本日から9/9(日)まで、アート・キューブD1展示室では ik_48「四つ葉写真展」ik_48 が開催されているのですが、せっかくの展示会なのに悪天候が心配ですicon10
ご来館予定の方は、どうかお気をつけてお越しくださいませik_34


あっ、今日から9月ですから、片男波の駐車場は通常料金に戻っていますik_20icon22


8月に開催された「 舞台ワークショップ2018 」のご報告をば、来週中頃あたりに掲載させて頂こうかと思っておりますik_08
その頃には台風一過、爽やかな秋晴れ…となっているでしょうかicon01
どうぞ、大したことなく過ぎ去ってくれますようにface07


  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 16:33Comments(0)スタッフのつぶやき

2018年08月17日

2018年9月 イベント情報




本日は風が爽やかな晴天で、とても過ごしやすいですねicon01ik_76
ずっとこんな気候で、このまま秋になってくれれば良いのに…





さて、9月も近づいてきましたので、アート・キューブの9月イベント予定を告知致します。

一覧表はこちらik_08
      ↓







以下、7つのイベントを個別にご紹介します。
(最後に書いた「月夜の祭典」だけは、アート・キューブによる自主事業です)

       ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




ik_48 四つ葉写真展 ik_48




開催日時  ・・・  9月1日(土) ~ 9日(日)
           10:00 ~ 17:00
開催場所  ・・・  キューブ  D1
主催者    ・・・  四つ葉の会さま
入場料   ・・・  無料




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




TONPEI LIVE TOUR 2018  『 ありがとう 』




開催日時   ・・・  9月14日(金)
             開場 18:00  開演 18:30
開催場所   ・・・  キューブ A (多目的ホール)
入場料    ・・・  前売り券 3000円   当日券 3500円
問い合せ先  ・・・  073-426-2521
              (ヤマハ音楽振興会さま)




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

ik_14 絵画教室 アトリエ・さくら展 ik_14


開催日時  ・・・  9月15日(土) ~ 17日(月・祝)
           10:00 ~ 17:00  (最終日は15:30まで)
開催場所  ・・・  キューブ  B1
主催者    ・・・  アトリエ・さくらさま
            090-3611-8581
入場料   ・・・  無料




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




写真・イラスト・チョークアートほか
*W.L.A→company 第12回展示会  『 Slow step 』

開催日時  ・・・  9月15日(土) ~ 17日(月・祝)
           11:00 ~ 19:30  (最終日は18:00まで)
開催場所  ・・・  キューブ  D1
主催者    ・・・  *W.L.A→companyさま
入場料   ・・・  無料
            (同時開催のチョークアート教室は、材料費500円)






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




和歌山大学教育学部音楽専攻卒業生
『 Boite de jeux 』 コンサート vol.10



開催日時   ・・・  9月16日(日)
             開場 13:30  開演 14:00
開催場所   ・・・  キューブ A (多目的ホール)
入場料    ・・・  無料
問い合せ先  ・・・  090-4498-8172
             (濱野さま)



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



THE OPERA WAKAYAMA 管弦楽アンサンブル
     1st CONCERT





開催日時   ・・・  9月17日(月・祝)
             開場 13:30  開演 14:00
開催場所   ・・・  キューブ A (多目的ホール)
入場料    ・・・  1000円
問い合せ先  ・・・  090-8205-2783
             (THE OPERA WAKAYAMA 事務局   野元さま)




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




和歌の浦アート・キューブによる、自主事業開催のお知らせですik_20
9月22日(土)の夜、ホール前の芝生広場にて行われる、能の舞とヨガのポーズの共演、そして星空の案内人による「お月見」の話…
アート・キューブ2階のカフェ「マーレライ」さんによる、軽食の販売もありますik_24
晴れてきれいな月夜となればよいのですが、もし雨天の場合はAホール内で行いますface01


icon12 月夜の祭典  ~ 星空の案内人による「お月見」話 ~ icon12




開催日時  ・・・  9月22日(土)
           18:30 ~
開催場所  ・・・  ホール前の芝生広場
           (雨天時はキューブA多目的ホール)
出 演   ・・・  YOGALIFE - Shri Kali - さま
           松井俊介 さま (能楽師)
           島彰吾 さま (星空の案内人)
入場料   ・・・  無料
主催者    ・・・  YOGALIFE - Shri Kali -
            和歌の浦アート・キューブ
            



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




なお、アートキューブ駐車場の収容台数はわずかです。
お車でお越しの方には、当館より300m南の有料駐車場(片男波公園Pや片男波海水浴場P)の
ご利用をお願い申し上げますik_34ik_95ik_95ik_95


  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 18:31Comments(0)イベント情報自主事業

2018年08月13日

「 DICE in わかやま 2018 」 ご報告 ♪




残暑お見舞い申し上げま~すik_77
わたくし亀本の自宅付近では、ツクツクボウシが鳴き始めています。
種名は知らないけど、アカネ類(アカトンボの仲間)の集団が夕方、あしべ橋の上でホバリングしているのにも出会いました。
もうお盆休みだし、海水浴場にももうじきクラゲが出現するのでしょうか。
夏の盛りかと思わせて、しかしどこかしら、秋の気配も感じる今日この頃…
夏が大嫌いなのに、夏の終わりはなぜだか毎年せつない亀本でございますicon11
みなさまには今年、トキメキの夏体験物語は訪れましたか?face05




さて、8/6(月)と8/7(火)の両日、「 DICE in わかやま 2018 」 が開催されましたik_20
参加者のみなさんにとって、きっとこれはトキメキ夏体験だったかと思いますicon06


どちらの日も、ワークショップ日和の晴天icon01
その代わり、まあ当然ながら暑く…ik_01
しかし子どもたちは元気いっぱいicon21
先生方もたいへんパワフルで、DICE初体験だった亀本、すっかり圧倒されてしまいましたicon10
以下、その2日間のワークショップの内容をリポートに致しましたので、お読み頂ければ幸いです。
ただ、リポートがC評価やD評価となりましても、DICEで疲れ果てた亀本には、再提出をする体力は残っておりませんので悪しからずicon15
8/11(土・祝)には、「舞台ワークショップ」の第一回目も開催されましたので、月末の第二回と第三回が終了したら、またそのリポートも提出させて頂きたいと思っておりますik_08










^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


ik_33 「 DICE in わかやま 2018 」   8/6 & 8/7 ik_33
           ワークショップ リポート





  ※様々なゲームを行いましたが、その全ては網羅できておりませんicon10
    少し端折ったリポートとなりますが、ご了承くださいface07




こちらが講師のお2人。
Shani Ben-Aroya先生と、岡本伸子先生です。

お2人はイギリスで知り合い、お友達になられたそうです。
年齢も国籍も言語も、思想や宗教や趣味なんかも、きっと全然異なっているはずのお2人。
なぜ、お友達になれたのでしょうね?
それは、このDICE(ドラマ教育ワークショップ)を体験すれば、きっとわかるはずicon21
今回シャネイ先生は、イスラエルから21時間もかけて来てくださいました。
シャネイ先生と岡本先生の他、男性の先生と通訳の方もお1人ずつ来てくれて、講師陣は合わせて4人。



参加者のみなさんには、まずホール入口で受付を済ませて頂き、名札を体に付けてもらいます。
名札は、テープに油性マジックで名前を書いたものです。


ホールの扉前で、先生たちがお出迎えface02
DICE本番開始後は、保護者の方には外へ出て頂きました
ホールの中は、参加者の子どもたちと講師陣、あとはアート・キューブ職員だけになりました。
あ、大人の参加者の方も、当日飛び入りで何人かいらっしゃいました。
年齢層がバラバラなほうが面白くなりますねface05


プログラムはこちら。


我がアート・キューブが誇るゆるキャラ系職員が、施設責任者としてのご挨拶をば…


「ハローゲーム」
みんながランダムに歩き回り、出会った人と挨拶を交わし、握手をします。

初めて出会う子たちにドキドキface03
積極的な子、はにかみ屋さんの子…
亀本も参加し(8/6)、照れながらご挨拶をしましたが、舌がもつれて「Nice to meet you」と発音できていませんface07

「オーゲーム」
これは、毎回みなさんに人気のゲームです。
自分と他のみんなとの相違点、共通点が認識できます。
みんなではしゃぎ、気分が盛り上がって、どんどん打ち解けていきましたicon14


2人組になり、その2人で三角形を作ります。
「2人なのに三角」というのがポイントで、ちょっと難しいです。


3人組になり、四角形作り。
「3人なのに四角形」だから、またまた工夫が必要です。
3人で、ああでもないこうでもない…と相談しながら…


5人組で、お寿司を作ります。

亀本は体がでっかいので、当然のように握りずしのシャリ役を務めました。
まさか私が寿司ネタになり、小学生の上に巨体を載せるわけにもいきませんからね。
しかしシャリと化している最中、日ごろの運動不足がたたったのか、あるいは寄る年波には勝てぬのか、亀本の右足の裏がピキーンッと攣ってきたのですicon24face08
「はうっ…!」
ひとり激痛に耐える亀本。
だが、そんなことで音を上げるわけにはいきません。
だって…よくよく見れば他のグループでは、ほっそりとした女性がシャリとなり、なんと子どもたちを2人も背中にのっけているではありませんか(画像参照)。
それにしても、みんなの笑顔の可愛らしく明るいことface02
このリポート作成時に写真をまじまじと見ましたが、みなさん本当に楽しそうでしたicon06
個人情報保護の観点から、お顔と名札の部分を隠して掲載させて頂いておりますが、正直、せっかくの良い表情を載せられないのは残念ですicon07

7人で家を作ります。

家といっても、日本家屋とは限りません
左側の写真は、モンゴルの遊牧民の家(ゲル)を作ったグループだと思います。
右側は亀本が屋根と外壁を担当したグループですが、名札を隠すフリをしてひそかにデブい腹回りの隠蔽を行っていることを、どうかお許しくださいませ。

「クレヨンストーリー」
シャネイ先生たちが描いたイラストで、紙芝居風にクレヨンの物語を読み上げます。

クレヨン仲間の間で起こった揉め事の理由は、一体何なのか?
シャネイ先生の問いかけに対し、みんな次々に手を挙げ、意見を述べてくれました
…考えてみれば、DICEで集まった参加者のみんなは、このクレヨンのようなものですね。
性別も学校も学年も…全部バラバラ。
クレヨンの箱の中身だって、一本一本色はみんな違うし、使い込んで小さくなったクレヨンや、まだ新品で長いままのクレヨンもある。
みんな違う属性や個性を持っているから、どうかすると意見が食い違ったり誤解を招いたりして、ケンカが起こることもあるわけです。
でも、違いを認め合い、良さを見つけ合うことにより、仲よしにもなれるのです。
自分をわかってもらうこと、相手をわかろうとすること。
どうすれば、わかり合えるのでしょう?

みんなそれぞれに、自分の好きなものがありますよね。
それを絵で表現することになりました。
まずは、先生方3人の好きなものから。

「お好み焼き」 「サッカー」 「sunshine」 
絵だけでなく、動作でもそれを表現します。
岡本先生のお好み焼きの動きは、なかなかウケていましたface10

参加者のみんな、クレヨンならぬクレパスと画用紙を受け取り、それぞれに自分の好きなものの絵を描きます。
この時、まだ他の人には見えないようにコッソリと描くようにしました。

みんな、たくさんの色を使い、どんどん描いていきます。
素早く仕上がる子もいれば、一生懸命あれこれ悩んで、かなり描き込んでいる子も…
ピアノが好きな女の子、恐竜が好きな男の子…
左下の男の子は「お花畑」が好きだとキューブ職員に語りながら、花に囲まれた自分を描いていました。
この写真には載っていない別の男の子が恐竜を何頭も描いていたので、子どもの頃恐竜図鑑に夢中だった亀本、彼とお話しをして、アロサウルスやステゴサウルスの体長が何メートルなのかを教えてもらいました。
「男の子だから○○が好きなはず」「女の子なら○○が好きでしょ」といったバイアスにとらわれることなく、みんな本当に自分の好きなものを描いています
自分の子ども時代を思い起こせば…
小学校1年生の時、入学歓迎会の場で「亀本亀子です。好きな果物はイチゴです」と心にもない自己紹介をした(させられた?)、あれは一体何だったのかface10
だって、先生が全員に「好きな果物を言って」と言うもんだから…
そもそも果物自体好きじゃない亀本は困り、でも1人だけ「カニミソが好きですik_20」なんて言う勇気はありませんでしたface07
当時の先生方も一生懸命だったのでしょうが、時代的に(40年くらい前か)「多様性の受容」なんて発想はあまりなかったわけです。

…話が逸れましたが、DICEリポートに戻りますicon10
さて、みんなの絵が仕上がり、さきほど「家」を作った7人のグループで集まりました。
この時亀本は「参加者」から「キューブスタッフ」に戻って、ホールの端っこで傍観者となっていたのですが…
ここにきて、さきほどのメンバーからお呼びがかかり、慌てて戦線復帰することに。
絵も、わけのわからんものを30秒ほどで描き上げました。
そして、グループ内で絵の見せ合いっこをします。
さっきの先生方のように、「好きなもの」を体の動きで表現し、それをグループ単位で行い、みんなに発表することになりました。
その練習風景はこちら。
   ↓



発表の様子ik_72


発表時の亀本、恥ずかしさで亀となり甲羅に入ってしまいたくなりましたが、写真で見る限り、なんとか人間の形状を保てているようです。
素晴らしかったのは、発表の後、岡本先生からの「このグループのどこが良かった?」という問いかけに、見ていたみんなはどんどん挙手し、意見を言えたことですicon12
「すごくはっきり言えてたik_20」「みんなの動きが揃ってたik_20」「絵が上手だったik_20」「テンポ良く発表できていたik_20」等、よかったところをたくさん見つけてくれました。
先生も、それぞれのグループの特徴や長所を上手に解説し、みんな「なるほどface01」と頷いていました。
「みんな違って、みんな良い」…
みんなが一律なのではなく、多様性にあふれたみんなだから、新しい発見があって面白いのですik_18
自分ひとりだと、自分だけの思考パターンで物事を決めつけて見てしまいますよね。
でも、大勢が集まりみんなで意見を出し合えば、視野がぐんと広がりますik_96

そして最後…
今日のプログラムを振り返り、感想を寄せ合います。
また様々な意見がどんどん出ました。
ここで、お迎えにきてくれた保護者の方々も、ホールに入って様子をご覧になりました。

亀本も輪に入り、シャネイ先生の隣で三角座りをしたのですが…
ここで再び、筋肉の痙攣を起こした我が右足の裏icon24icon05
これはタマランと退場致しましたface08ik_95ik_95

最後に、みんなで記念撮影icon22



お見送りの際、シャネイ先生は、ひとりひとりに挨拶し、イスラエルのお菓子をくれましたik_24





^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




参加者のみなさんにはアンケートのご協力もお願いしたのですが、「楽しかったik_20」「また参加したいik_20」「新しいお友だちができたik_20」というお声をいっぱい頂きましたik_83
保護者の方も「開始時は子どもは不安そうだったけど、迎えに行くとニッコニコの笑顔だったface05」とビックリなさったりface02
我々スタッフは至らぬ点も多々あったかと思いますが、喜んで頂けて、とてもうれしく思いますicon06

伝えようとすること長所を見つけようとすることの大切さ…
言語だけに依存しない、伝え方、見つけ方の具体的な手段
初対面で多種多様な顔ぶれがグループを組み、力を合わせて助け合って、物事に取り組むことの意義
これらのことは、ワークショップの実体験により、「感覚」としてみんなの体の中にスンナリ入っていったのではないでしょうか。
座学による「頭での理解」では、こうはいきませんよねicon22
今回のワークショップは、きっと「ドラマ教育」全体から見ればほんの入り口というか、簡単なお試し体験のようなものかと思います。
しかしこれを機に、もっともっとドラマ教育が普及していけばよいなと願っておりますicon12





  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 12:39Comments(0)自主事業ワークショップ

2018年07月30日

2018年 セミ考





明日は火曜日で、アート・キューブの休館日。
休み明けの水曜日には、いよいよ8月突入ですねik_33

「DICE in わかやま」 と 「舞台ワークショップ」 がもうすぐ始まりますik_20
参加者の方は、飲み物やタオルを忘れずにお持ちくださいませicon10


長引いた超絶猛暑は一旦和らぎましたが、まだこれからが夏本番ik_01
今後1か月くらいは、「また、あんな熱波が襲来することもあるだろう」と覚悟をしておかねば…
既に今年は、7月の暑さで疲れ果てている方も多いかと思いますik_84
それでも無情に、まだまだ夏は続くのです。
体調管理を万全にして、なんとか酷暑を乗り切りましょうik_78





さて、本日は、ちとセミの話題をば…
わたくし亀本がアート・キューブにて勤務中、外で耳にするセミの声といえば、ほぼ全てがクマゼミです。
「シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン!!!!!」
という大合唱があまりにうるさくて、暑さがより倍増した気になってしまうあの声…face09
クマゼミは、西日本の市街地で見られるセミの代表格ですね。
アート・キューブ駐車場の植栽にくっついたセミの抜け殻をいくつか採取し確認したところ、どれもこれもクマゼミばかりでした。


一方、私の自宅の近所には鎮守の森がありまして、同じ和歌山市内でも、その辺りではもう少し多様なセミの声を聞くことができます。
まず明け方…「ジーーーーーーーッ」という低いアブラゼミの声。
(これは、アート・キューブ周辺にもいるけど)
それに混じり、どこか遠くから「カナカナカナカナカナカナカナ…」という清澄な響きがik_76
ヒグラシです。
この夏、ヒグラシの初鳴きを確認したのは、今朝の4:50頃でした。
やがて、「ミーーンミンミンミンミンミーーーン…」と、ミンミンゼミの高らかな独唱もicon12
ミンミンゼミの初鳴きは、7/27に確認。
今年は、ミンミンゼミの声をなかなか聞くことができず、ずっと「まだかなまだかな?」と首をひねっていたのです。
毎年観測記録をつけているわけじゃないから、本当のところ、日付的に例年より遅かったのかどうかはわかりません。
今年は7月の早い時期から「災害級の猛暑」に襲われたため、私が夏を長く感じていただけなのか?
それとも、猛暑がミンミンゼミの発生を実際に阻んでいるのか?
どちらなのでしょうね。
ミンミンゼミもヒグラシも、比較的森林性の強い種のセミかと思うので、この夏の異常な暑さには参っているに違いないです。


7~8年ほど前のこと、私は某掲示板に「ミンの数がものすごく多いミンミンゼミ」とかいうタイトルの投稿をし、その時かなりウケたので、ここでも少々そのネタをば。
その投稿をした当時、我が家の近くの鎮守の森からは、驚くほど「ミン」の数が多いミンミンゼミの鳴き声が聞こえてきたのです。
ミンの数が多いミンミンゼミ…なんじゃそりゃik_19と思われることでしょう。
解説しますと…
ステレオタイプなミンミンゼミ鳴きとは、たぶん「ミーンミンミンミンミンミーーン」ではないでしょうか。
「ミン」は、計6回。
しかし、私の聞いたものは、とんでもないミンの数だったのです。
「ミーンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミンミーーーーン」…みたいな。
いつ終わるとも知れない、果てなきミンの連続face08
懸命に指を折って勘定した結果、私の聞いた最多ミン記録は、なんと32回ik_20
ものすごく体力のあるセミだったのでしょうか。
きっとメスにモテまくり、多くの子孫を残したことでしょう。
その翌年くらいも、多ミンのセミの声を聞いたように思います。
その後私も忙しくなり、悠長に家でセミのミンを数えてはいられなくなり…
が、それにしてもここ数年は、多ミンなセミに全く出会えておりません。
いくらセミの声にあまり注意を払っていないとはいえ、たまには多ミンゼミが声を聞かせてくれてもよさそうなものです。
まあ、こんな暑すぎる夏の今年では、多ミンは望めるはずもないでしょうがicon07


和歌浦も、東照宮や天満宮の付近なら、きっとミンミンゼミがいるはず。
もしミンの多いミンミンゼミに出会った方がいらしたら、ぜひミン数を勘定してみてくださいませicon21




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 21:54Comments(0)スタッフのつぶやき生物たち

2018年07月23日

籔上陽子先生のチョクアート教室、ご報告♪



7/21(土)と22(日)の両日、藪上陽子先生によるチョークアートのワークショップが開催されましたicon12
せっかくお申し込み頂いていたのに、当日熱中症で来てもらえなくなった方もいらしたり…face10
「もはや災害レベルの暑さ」などとテレビでは報じられていますが、本当に異常な猛暑で、息をするのも苦しいくらいですik_84
そんな中、ご参加くださりありがとうございましたicon10





7/21(土) 5名の方が参加


先生のお手本を参考に…

まずは、ラインを描いていきます。


チョークで色づけし、それを指で伸ばしていくのですね。

描き終えたら、先生がスプレーで固定。

完成作品ですface02







7/22(日) 6名の方が参加


この日は子どもさんが多かったですね。



みなさん、熱心に作業に取り組んでおられます。


はい、完成face05

(左上の作品、豪快にフルネームでサインをしてくれていたので、その部分をicon06で隠してしまいました…スミマセンicon11



どの作品も、本当によい出来栄えですik_72
初めてでこんなに上手に描けるものなのでしょうかik_20ik_19





  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 18:03Comments(0)自主事業ワークショップ

2018年07月20日

8月のイベント一覧



暑中お見舞い申し上げますik_20ik_20
ただごとではない暑さが続いていますik_01
みなさま、体調を崩されてはいないでしょうか?
わたくし亀本は、本日のお昼は 「自作の弁当(一応おかずのみだが)」 + 「弁当屋ののり弁当」 を豪快に食らいましたik_26ik_26
止まらぬ食欲で肉体に栄養が満ち満ちており、海水浴にも行っていないというのに、腹部は常時浮き輪を巻いたような状態◎
少しは絞らないと、自分の体の重さでバテてしまいそうです。
みなさまも、食べ過ぎにはお気を付けくださいませik_30





さて、8月も近づいてきましたので、イベントの一覧表を掲載致しますik_08

2018年8月の行事予定表





『 DICE in わかやま 2018 』  と  『 舞台ワークショップ 』 は、既に告知している通りです。
舞台ワークショップはまだ空席がたくさんございますので、ご希望の方がいらしたらぜひどうぞicon06



2018/06/30
舞台ワークショップ 2018
夏休みに開催する、アートキューブによる文化振興事業のお知らせです。国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けた、小学校5年生~中学生の方が対象の、舞台技術のプロの人々の仕事を学ぶワークショップです応募受付は、明日7/1(日)開始先着順なので、ご希望の方はお早めに舞台ワ…







その舞台ワークショップの最終日に開催される公演が、これik_20
          ↓↓↓                    

三線の音色

三線の音色


出演 第一部 ・・・ 和歌山三線教室
    第二部 ・・・ team三線紀州


開催日時   ・・・   8月26日(日)
             開場 14:20
              開演 14:50

開催場所   ・・・  キューブ A (多目的ホール)

入場料    ・・・  無料

問い合わせ  ・・・ 和歌の浦アート・キューブ
              073-445-1188 






なお、アートキューブ駐車場の収容台数はわずかです。
お車でお越しの方には、当館より300m南の有料駐車場(片男波公園Pか片男波海水浴場P)の
ご利用をお願い申し上げますik_34ik_95ik_95



  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 15:09Comments(0)イベント情報自主事業ワークショップ

2018年07月07日

雨の七夕…★彡




ついにやってきた7月7日ik_18
出勤した私・亀本がエントランスで目にしたのは、七夕の笹飾りの足元にハラリと落下していた1枚の短冊。
     ↓

拾いあげてみて、ううっ、これは…
我がアート・キューブの折り紙シスターズ妹の書いたものではないか!
う~ん、確かに願いは叶いませんでしたねicon07

そして、私のような私利私欲にまみれた願い事ではなく、このようなことを書いてくれる優しい子もいたというのに…
     ↓

しかし思い届かず、朝から土砂降りの七夕さんとなってしまいましたicon03icon05

今週の日本列島はとんでもない悪天候に見舞われ、特に一昨夜からの豪雨は、日本各地に非常に大きな被害をもたらしてしまいました。
昨夜は九州、中国、近畿の日本海側や内陸部に特別警報が発令され、さらに梅雨前線は東に移動しているため、現在は岐阜県にも特別警報が出ています。
死者、行方不明者がどんどん増えています。
これ以上、被害が拡大しないことを願うばかりです。
激しい雨風が過ぎ去ったとしても、地盤のゆるんだところが後から崩落することもありますから、どうかみなさまお気をつけて…
海外では、タイの洞窟遭難者の方々も、とても心配な状況です。
天の川が見えなくても願いが叶うよう祈り、短冊を書き足した亀本でした。




今日のキューブのAホールでは、 Daikinman (ダイキンマン) 七夕ライブ が開催されました。
長崎は五島列島出身のダイキンマンさん、昨夜は特別警報の出た福岡にいらしたのですが…
どうにか飛行機が飛んで、和歌山に来て頂けましたface05
「もしや中止になるのか!?」と危ぶまれたのですが、開催できて本当に良かったです。
そしてダイキンマンさんの「奇跡のハイトーンボイス」が夜空に響くライブ終盤…
キューブの外に出て、ふと亀本が見上げた空は、雨が上がり、雲も途切れはじめていました。
さすがに星は見えないものの、明日は晴れるようですねicon01


  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 21:38Comments(0)スタッフのつぶやき

2018年07月04日

募集中ワークショップの申込状況と、矢野先生によるワークショップのご報告♪





ついに7月突入ik_20
毎日蒸し暑くてたまりませんねik_84
今日は台風の影響ですごい雨風…icon05



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




7/1から受付を開始している3つのワークショップですが、DICEのAコース(8/6午後の小1~4年生対象)チョークアートの7/21(土)が、既に定員に達してしまいましたik_64icon10
特にDICEのAコースは7/1の朝一番からお申し込みが殺到し、その日の夕方までに定員35名を超え、現在はキャンセル待ち受付の状態…
(キャンセル待ちの方は、7/4(水)の夕方現在で10名もface08
あ、チョークアートの7/22も、間もなく定員に達しそうですik_95
DICEのBコース(8/7午前の小3~中学生対象)舞台ワークショップ(8/11&25&26)は、まだ余裕がございますik_65ので、引き続きみなさまのお申込みをお待ちしておりますface02
















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さて、先日開催された矢野壽秀先生による3つのワークショップですが、ご好評のうちに終了致しましたface01
その教室の風景をご紹介致します。



6/16&30
ガラスペイント教室
(画像は6/30のもの)


参加者の方々の完成した作品はこちらik_14




6/30
ジェルキャンドル教室




みなさんの作品はこちらik_44




7/1
ハーバリウム教室



みなさまの作品はこちらik_09
(あっ、間違って同じ作品を重複させて掲載してしまったかもicon11





とても涼しげな良い作品ばかりですねicon12
大人の方も子どもさんも、みなさん楽しんでくださったようですicon06




  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 16:59Comments(0)ワークショップ

2018年06月30日

舞台ワークショップ 2018





夏休みに開催する、アートキューブによる文化振興事業のお知らせです。
国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」の助成を受けた、小学校5年生~中学生の方が対象の、舞台技術のプロの人々の仕事を学ぶワークショップですik_20
応募受付は、明日7/1(日)開始icon22
先着順なので、ご希望の方はお早めにface02



舞台ワークショップ ~ 舞台技術を学び舞台を創る 2018 ~





アート・キューブのAホールでは、様々なコンサート、ライブ、発表会が行われますik_06
いつもその舞台技術を担当してくれているプロ集団が、「株式会社ハートス」さん。
舞台裏で黒っぽい服装で忙しく動き回り、音響機器や照明機器など様々な道具を使って、ステージを効果的に演出するのが彼らです。
打ち合わせからリハーサル、本番、後片付けまで、「ハートス」さんがいなければ、アート・キューブのAホールの公演は決して成り立ちません。
今回のワークショップでは、チラシにお名前の載っている清水さんという方をはじめ、「ハートス」の有能で親切なお兄さんお姉さんたちが講師となり、舞台裏で繰り広げられる素晴らしい技術のイロハを伝授してくれますicon21
なお、このワークショップの日程は8/11、8/25、8/26の3日間あります。




既に、「舞台ワークショップ ~ 舞台技術を学び舞台を創る 2018 ~」のチラシは、市内の小中学校に配布されています。
受付は、明日7/1(日)から開始しますicon23
電話かメールにて、先着順で受け付け(抽選ではありません)
詳細は、上に掲載したチラシをご覧いただくか、アート・キューブまでお電話をface01
みなさまのご応募をお待ちしておりますicon06



073-445-1188
wakanoura-cube@jtw.zaq.ne.jp



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

第一回  舞台の基礎を学ぶ
       8/11(土)
       集合 13:15     ワーク 13:30 ~ 16:30

第二回  リハーサル
       8/25(土)
       集合  13:15    ワーク 13:30 ~ 16:30

第三回  本番公演  和歌山三線(さんしん)教室のみなさまの演奏会
       8/26(日)
       集合  13:00    ワーク       ~17:00
「三線の音色」





募集    小学5年生 ~中学生      20名


参加費   無料


会場    和歌の浦アート・キューブ Aホール


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



なお、アートキューブ駐車場の収容台数はわずかです。
お車でお越しの方には、当館より300m南の有料駐車場(片男波公園Pや片男波海水浴場P)の
ご利用をお願い申し上げますik_34ik_95ik_95



  

Posted by 和歌の浦アート・キューブ at 12:06Comments(0)イベント情報自主事業ワークショップ